石原さとみと貞子が質疑応答「おいくつですか?」の問いに「享年17。ざっくり高2」

最新ニュース

『貞子3D』舞台挨拶@特別試写会
  • 『貞子3D』舞台挨拶@特別試写会
  • 『貞子3D』舞台挨拶@特別試写会
  • 『貞子3D』舞台挨拶@特別試写会
  • 『貞子3D』舞台挨拶@特別試写会
  • 『貞子3D』舞台挨拶@特別試写会
  • 『貞子3D』舞台挨拶@特別試写会
  • 『貞子3D』舞台挨拶@特別試写会
  • 『貞子3D』舞台挨拶@特別試写会
かつて一大ホラーブームを巻き起こした『リング』シリーズの貞子が3Dで復活! 映画『貞子3D』の試写会が4月23日(月)に行われ、主演の石原さとみを始め瀬戸康史、山本裕典、田山涼成、英勉監督が舞台挨拶に登壇。さらに“生”貞子も乱入し観客を恐怖のどん底に突き落とした。

呪いの動画を見た人々が不可解な死を遂げる事件が発生。恐怖と死の連鎖は止まるところを知らず、やがて呪いの元凶と言える貞子の存在が浮かび上がってくる。この日は、貞子の正体を映画公開の5月12日(土)まで秘密にするため、ラスト12分で上映を打ち切るという異例の試写会となった。

石原さんは本作でホラー映画に初めて挑戦したが、呪いのビデオで教え子を失ってしまい事件に巻き込まれていく教師役ということで、かなりの数の絶叫シーンをこなしたそう。「ビックリするぐらいすっごい叫びました!」と爽やかに明かした。激しいアクションも自ら行っており「陰湿なホラーを想像してたのでこんな爽快なアクションがあるとは…」と笑顔でふり返った。

瀬戸さんは石原さん演じる茜の彼氏役だが「ホラーなので非日常的なことがどんどん起きて怖いけど、僕が出てくるところはホッとさせようと思って演じました」と優しいスマイル。だが実は、瀬戸さんは霊感が強いそうで「DVDで過去のシリーズを観てたら、急に止まったんです」と怪奇現象の実体験を明かした。

山本さんは貞子の復活を企む謎めいた男を演じているが、その気持ちを理解するのはかなり難しかったよう。「よく分からないのでGACKTさんをイメージしました。山本GACKTって感じでやってます」と明かし「何で白の革パンツなんだ?」と自らの劇中の衣裳に厳しいツッコミを入れ、笑いを誘っていた。

田山さんは事件を追う刑事役だが、長い芸歴を誇る田山さんも意外にもホラー初体験。「こんな顔なんでお呼びがかからなかった」とおどけるが、自らの役柄も気に入っているようで、若い観客に向け「渋かったでしょ? 僕の役」とアピールしていた。

先述のようにラストの展開や、誰が貞子を演じているのかなどはいまだ謎に覆われているが、英監督は「アンジェリーナ・ジョリーです」と告白。結末を見られずにヤキモキする観客を前に「ぶっちゃけ、この後どうなるかというと…」と結末を暴露しようとしキャスト陣から慌てて制止されていた。

そして会場の照明が落とされ、おどろおどろしい音楽と共に本作の最大のスターとも言える貞子が登場すると、客席のあちこちからは悲鳴や「やめて! やめて!」という声が上がった。壇上では貞子と話ができるという英監督を通じて石原さんや瀬戸さんが貞子に質問。「おいくつですか?」と石原さんが貞子に年齢を尋ねると「享年17。ざっくり高2」と監督を介して返事が…。瀬戸さんの「前は呪いのビデオだったのが今回は呪いの動画になってますが」という問いに「ビデオテープはいま売ってない。IT革命」、山本さんの「井戸での住み心地は?」という質問には「狭い。湿気多い。ルームシェアしたい」という珍解答が寄せられ、会場は笑いに包まれた。最後には会場に向けて「ミテネ」と映画をアピールするなど映画の宣伝にも熱心な素顔(?)をのぞかせた。

『貞子3D』は5月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top