レディー・ガガ、12億円の支払いで憧れのエイミー・ワインハウス役をゲット!?

最新ニュース

レディー・ガガ
  • レディー・ガガ
昨年7月に27歳の若さでこの世を去った歌手のエイミー・ワインハウスの伝記映画の出演にレディー・ガガが興味を示していると報じられている。だが、エイミーの父ミッチ・ワインハウスは、彼女が自身の娘を演じることに難色を示しており、「1,000万ポンド(約12億1,700万円)払うなら…」という交換条件を「Daily Star」紙に語った。

「もしガガが俺に1,000万ポンド払うって言うなら、考えてやってもいいよ。だけどイギリス人の女優を使う方が賢明だと思うな。まあ、ガガは娘に似てるけどね。そういうことも考えなきゃいけないんだ」。そもそもミッチさんは昨年12月、この映画化について「音楽がなきゃ伝記映画にならないよ。それにこっちとしても音楽を使わせるとは一言も言ってないしね」と否定的な見解を示していた。

一方、デビュー当時からエイミーから絶大な影響を受けてきてたというガガは、黒髪のときいつもエイミーに間違えられていたとも明かしている。「エイミーは大好きよ。彼女がデビューした頃の私なんて無名だったわ。黒髪のときなんかいつも道端でみんなから『エイミー!』って呼ばれてたの。みんな私を本気でエイミーだと勘違いして叫んできたのよ」。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top