『マダガスカル』頭脳派ペンギンズのスピンオフ製作決定! 痛快ナビゲート映像も到着

最新ニュース

『マダガスカル3』ペンギンズナビゲート映像
  • 『マダガスカル3』ペンギンズナビゲート映像
全米でのシリーズ歴代最高のヒットに続き、日本でも先日劇場公開を迎え初日興収1億円突破という好スタートを切った人気アニメーションシリーズ最新作『マダガスカル3』。主人公のライオン・アレックスら人気キャラクターたちと肩を並べて、ファンから高い人気を集めているのが、「発明」「戦闘」「変装」をこなすバイプレイヤーのペンギンズ。このたび何と彼らを主人公にしたスピンオフ映画が2015年に製作されることが決定! すっかり大物ぶりを発揮している彼らが本作をナビゲートする特別映像「ペンギンズに聞け!」が到着した。

ニューヨークの動物園を飛び出したライオンのアレックスら動物たちの珍騒動を描く本シリーズ。最新作では、ヨーロッパで指名手配となった一味が新しい仲間と共にサーカス一座でドタバタ劇を繰り広げる。

もちろん本作でも大活躍を見せる、スーパー頭脳派集団のペンギンズ。「ペンギンズに不可能はない」と言わんばかりに、自分たちを主役にしたDVDデビューを果たしたかと思えば、今回スピンオフ映画の製作までちゃっかり決定させてしまった。まさに“飛ぶ鳥を落とす勢い”の彼らだが、こちらの映像では隊長がしっかりと本作の見どころをナビゲート! …のはずが、「うっそぴょ〜ん」と百獣の王・ライオンまでをおちょくる余裕を見せつけるあたりは、さすがの一言に尽きる。

シリーズ第一作目では、ニューヨークの動物園で観衆に愛想を振りまく一方で、脱走計画を企てていたペンギンズ。これこそがアレックスたちの壮大な冒険のきっかけともなるのだが、ペンギンに関する番組・記事の執筆・出演・監修などを手がけているペンギン会議研究員・上田一生氏は彼らについてこう解説する。「元々、ペンギンは野生動物です。動物園から脱出すれば、かなり自由かつ奔放に行動するに違いありません」と彼らの“過激な活躍”もうなずける回答。本作冒頭で“ギャンブル三昧の休暇”を過ごそうとモンテカルロのカジノへ向かう彼らの行動も納得?

さらに、「ペンギンの動きは俊敏で集団行動も得意です。また、何と言っても知的な作戦遂行能力に優れています」と太鼓判。本作でも隊長を筆頭に、コワルスキー、リコ、新人らチームは得意とする集団行動と頭脳プレーで大活躍! 劇場に足を運ぶ前に、こちらの映像でそんな彼らのスマートなナビゲートを楽しんでみては?

『マダガスカル3』は全国にて公開中。

※こちらの映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top