AKB48大島優子“ガチ”な高校生に熱視線「制服っていいですね」と瞳キラキラ

最新ニュース

『闇金ウシジマくん』山田孝之×大島優子トークショー
  • 『闇金ウシジマくん』山田孝之×大島優子トークショー
  • 『闇金ウシジマくん』山田孝之×大島優子トークショー
  • 『闇金ウシジマくん』山田孝之×大島優子トークショー
  • 『闇金ウシジマくん』山田孝之×大島優子トークショー
  • 『闇金ウシジマくん』山田孝之×大島優子トークショー
  • 『闇金ウシジマくん』山田孝之×大島優子トークショー
コミック累計600万部を誇る真鍋昌平の同名人気コミックを、連続TVドラマに続いて映画化した『闇金ウシジマくん』の公開を記念し、8月11日(土)、都内で高校生限定のティーチイン試写会が行われ、主演の山田孝之とヒロイン役の大島優子(AKB48)が約100人の現役高校生と“お金”や“人生”について語り合った。

山田さんは「お金は自分の夢や欲しいものへの中間に位置するものだから、決して最終目標として考えないでほしい」とメッセージ。大島さんは制服に身を包んだ“ガチ”な高校生を目の当たりに「やっぱり制服姿って、キラキラしていていいですね。私も制服を着る職業なので(笑)、これからも似合っていたい」と瞳を輝かせ熱視線を送った。

非合法の金貸し“闇金”として非情に債権者を追いつめていくウシジマ(山田さん)の姿は深夜帯のドラマで大きな話題に。劇場版では母親の借金を背負った娘(大島さん)やイベントサークルで成り上がろうとする若者(林遣都)などを通じて、金と欲に踊らされる現代社会を鋭く描き出す。

次第に追い込まれる債務者たちの姿が高校生の心に衝撃を与えたのか、ある女子からは「いままでの人生で、一番追い込まれた出来事は?」という質問が。これに対し山田さんは「常に追い込まれているし、いまも追い込まれていますよ(笑)。でもそれでいいと思う」と不敵な笑み。一方の大島さんは「以前1年の間に、盲腸とノドの手術を受けたことがあって。もうAKBとして活動していたので、手術を受けてしまうと(時間が空いてしまい)自分の居場所がなくなるんじゃないかと不安になった」と自身の経験を明かした。

さらに「最近した一番大きな買い物は?」というお金にちなんだ質問には、「去年やっと、初めて車を買いました。貯金、貯金というよりは欲しいものがあれば、そのためにお金を貯めて使うタイプなので」(山田さん)、「最近、実印を買ったんですよ。それを使うって、大きな決断が必要なときですし、大人だなって重みを感じます」(大島さん)。人生観からプライベートな一面まで堂々と語る山田さんと大島さんの発言に、高校生たちも熱心に聞き入っていた。

『闇金ウシジマくん』は8月25日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top