不気味カワイイ“フラン犬”スパーキーに胸キュン!『フランケンウィニー』予告編解禁

最新ニュース

『フランケンウィニー』 -(C) 2012 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『フランケンウィニー』 -(C) 2012 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『アリス・イン・ワンダーランド』や『ダーク・シャドウ』など独特のユーモアあふれるダークな世界観で映画ファンの心をとらえ続けるティム・バートン監督が、1984年に公開された自身の短編作品をモノクロ3Dアニメーションでリメイクした『フランケンウィニー』がこの冬、公開となる。このほど、モノクロの世界に広がる、不気味カワイイ魅力がたっぷりと詰まった本作の予告編映像が到着した。

愛犬のスパーキーを不慮の事故で亡くし、悲しみに暮れていた天才科学少年のヴィクター。ある日、学校の化学の授業でひらめいた“禁断の実験”を行い、見事スパーキーを生き返らせるが、近所の住民はそんなスパーキーを「モンスターだ」と言って気味悪がり、次第に事態は大騒ぎへと発展していく…。

ティム・バートン監督自身の少年時代の愛犬との思い出がヒントになったという本作。天才科学少年・ヴィクターと無邪気な“フラン犬”スパーキーの友情を軸にして、バートン作品ならではのダークな世界観と不思議なキャラクターたちが繰り広げる感動の物語に仕上がった。今回届いた映像を見ただけでも、不気味かわいいスパーキーの魅力が十分伝わってくるが、実は彼には様々な秘密が…。その一、まず彼は自分が“死んだこと”に気づいていない。感電ショックで蘇った彼は、首元から流れる電気で“元気”を充電するのだ。さらに、ツギハギだらけの体のため、水を飲むと噴水が現われたり、シッポを振るとポロッと取れてしまったり…見れば見るほど、スパーキーに愛着を感じずにはいられないはず。また、不気味な見た目ながら、永遠の親友であるヴィクターと無邪気にじゃれ合う姿は、いわゆる“犬映画”以上の感動をもたらす。しかし、禁断の実験で蘇るのはスパーキーだけでないことも発覚! ヴィクターの思いもよらぬところで、巨大な影が町を恐怖に陥れることに…。

最新映像テクノロジーで実現した、初“白黒3D”の世界。誰も観たことのない心温まるドタバタ劇が、今年のクリスマスを賑やかにしてくれそうだ。

『フランケンウィニー』は12月15日(土)より全国にて公開。

※こちらの映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top