福山雅治、5年ぶりに「ガリレオ」シリーズ復活! 『真夏の方程式』が映画化決定

最新ニュース

『真夏の方程式』福山雅治で映画化決定!
  • 『真夏の方程式』福山雅治で映画化決定!
福山雅治主演で、2007年10月に月9枠で放送され、瞬く間に人気となったテレビドラマ「ガリレオ」。そして、2008年公開の映画『容疑者xの献身』から5年ぶりとなる、劇場版ガリレオシリーズ最新作『真夏の方程式』の製作がついに決定! 9月23日(日)に静岡県でクランクインを果たしていたことが明らかとなった。

先日、発売された最新作「虚像の道化師ガリレオ7」(文藝春秋刊)はすでに発行部数30万部を記録、シリーズ累計発行部数は950万部突破している東野圭吾の原作「ガリレオ」シリーズの劇場版最新作となる本作。“手つかずの海”と呼ばれる美しい海、玻璃ヶ浦。その海底鉱物資源の開発計画の説明会に招かれた湯川は、「緑岩荘」という旅館に滞在することになった。翌朝、緑岩荘の宿泊客・塚原が港近くの堤防で変死体となって発見される。思わぬ形で事件に巻き込まれていく少年・恭平や環境保護活動にのめりこむ旅館のひとり娘・成実、秘密を抱えた伯母夫婦など複雑な因縁が事件と絡み合う中、湯川は一つの真相にたどり着く——。

天才だが変人の物理学者・湯川学が福山さんのハマり役となり、TVドラマは平均視聴率21.9%と高視聴率を記録、劇場版第1弾となった『容疑者xの献身』も興行収入49億円超えとこれまで高い人気を誇ってきた。本作でも主人公・湯川は、もちろん福山さんが続投。先日のクランクインを前に、「今作のテーマである“自然と人類の共生”に、天才であり変人の湯川はどういう考えをもっているのか? 僕自身もとても興味があります。僕も湯川学も年齢を重ねているので、どう進化させられるかプロデューサー、監督と打ち合わせをしながら進めています。進化した湯川学として、みなさんとお会いできることを心待ちにしながら、自分自身このテーマにどう向き合っていくのか、熟慮しながら撮影に望みたいと思います」と真摯なコメントを寄せている。

さらにプロデューサーの鈴木吉弘は、「今回は、ある殺人事件のために“子ども嫌い”の湯川学が、ひとりの少年と共に海辺の町で夏を過ごすことになる、という物語です。2人の間にどんな化学変化が起きるのか? 『容疑者xの献身』から歳月を経て、演技者としても人間としてもさらなる成長をした福山雅治が魅せてくれる、新しいガリレオ。実に、楽しみです!」と本作の見どころを明かしてくれた。

共演陣などはまだ明らかにされていないが、観る者を惹きつける個性豊かなキャラクター、予測できない奇想天外な謎、5年ぶりに福山さんが見せる新たなガリレオから目が離せない!

『真夏の方程式』は2013年初夏、全国東宝系にて公開予定。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top