井上真央、玉山鉄二らが大分で凱旋パレード 台風にも負けず観客と綱引き!

最新ニュース

『綱引いちゃった!』大分プレミア
  • 『綱引いちゃった!』大分プレミア
『舞妓Haaaan!!!』など宮藤官九郎とタッグを組み、笑いあり涙ありの心温まるコメディを手がけてきた水田伸生監督が、“女たちの綱引き”をテーマに描く『綱引いちゃった!』。本作の舞台が九州・大分県であることから、9月30日(日)、本作の完成を祝し、大分市での凱旋プレミアイベントが行われた。この日は台風17号による悪天候にもかかわらず、井上真央を始め玉山鉄二、松坂慶子、渡辺直美など総勢10名のキャストが詰めかけたファンの歓声に応えた。

大ヒット祈願のために1,000年以上の歴史を誇る古社・春日神社に参拝した一同は清々しい面持ちで、大分市のメインアーケード・ガレリア竹町商店街にて行われた凱旋パレードに出席。商店街に広がる全長約70メートルのレッドカーペットの沿道に集まった約1,000人の観客が大歓声で迎え、井上さんらキャスト陣は約1年ぶりの“帰郷”を楽しんだ。

その後のステージでのトークセッションでは、「ただいまー! 大分の“好きっちゃ”ところは、ご飯が美味しいところ! お酒もとり天も大好きないい町でした」と井上さんが挨拶すると、客席からはそれに応えるように「おかえりー!」の大歓声。さらに、「この映画はコメディで、みなさんが楽しそうに演じていたので、笑わないように気をつけて演じていました(笑)」と続け、撮影時を楽しそうににふり返った。

松坂さんは7月に還暦を迎えたばかりだそうだが、「撮影前に脚本を読んだときは、綱引きのシーンは誰かが代わりにやってくれるものだと思っていた」そう。しかし制作スタッフ陣は甘くはなかったようで、「もちろん、綱引きのシーンは全部私がやりましたよ! でも、綱引きの練習の後の温泉がとっても好きでした」と当時の苦労を明かした。続いて、玉山さんがマイクを握ると、話は一気にローカルトークに! 「この商店街のラーメン屋さんに週3回は通っていました。ドンキホーテの近くの温泉にも行きましたけど、その近くで(渡辺)直美ちゃんがヤンキーに絡まれてました。あと、ナンパもされてました(笑)」と暴露して観客を驚かせていた。

さらに、大分市長によるキャスト陣の「大分市観光特使」就任式や、この日のために製作された“綱引いちゃった! ラッピングカー”をキャストと観客が一緒になって綱引きするなど盛りだくさんの内容で、キャストと大分が一つになった一日となった。

『綱引いちゃった!』は11月23日(金・祝)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top