「嵐」松本潤&上野樹里が初共演「女子が男子に読んでほしい」No.1恋愛小説が映画化!

最新ニュース

『陽だまりの彼女』上野樹里
  • 『陽だまりの彼女』上野樹里
“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”として若者を中心に熱狂的な支持を集める越谷オサムの小説「陽だまりの彼女」(新潮文庫刊)を、「嵐」の松本潤と上野樹里を迎え、映画化されることが決定! このほど、初共演となる2人から喜びのコメントが到着した。

新人営業マンの浩介は、仕事の取引相手として中学時代の幼なじみ・真緒と偶然再会する。かつて“学年有数のバカ”と呼ばれていた冴えないイジメられっ子だった彼女は、当時とは見違えるほど魅力的な女性に変身していた。十年ぶりの運命的な再会。幼いころの純粋な想いを取り戻した2人は、恋に落ち、やがて結婚を決心する。しかし真緒は、誰にも知られてはいけない、“ありえない秘密”を抱えていた…。

『ソラニン』『僕等がいた』の青春ラブストーリーの名手・三木孝浩監督が描き出すのは、湘南を舞台にある男女の一世一代の恋が巻き起こす“二つの奇跡”。その一つは、真緒が浩介を慕う一途さが起こす奇跡の再会。そして、真緒を愛する浩介の想いが起こす、もう一つの奇跡。

このファンタジック・ラブストーリーの主人公・奥田浩介役には、大ヒット作『花より男子 ファイナル』以来5年ぶりの映画出演となる松本潤、そしてヒロイン・渡来真緒役には、昨年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」での主演、そして映画出演は『のだめカンタービレ 最終楽章』以来3年ぶりとなる上野樹里が演じることとなった。

今回のオファーを受け、2人からは「2人の恋愛描写だけでなく、世界観やストーリーの面白さに感動しました。優しくて温かいファンタジーを上野さんと一緒にお届けできたらと思っています。1日も早く撮影に入れることを、楽しみにしております」(松本さん)、「約3年ぶりの映画出演、とても嬉しいです! 原作を読ませていただいたのですが、心温まる、読み終わった後に優しい気持ちになれるこの作品をみなさんに感じてもらえるように精一杯頑張ります」(上野さん)と、早く撮影に入りたくてうずうずしているようだ。

原作にも度々登場する「ビーチ・ボーイズ」の名曲「素敵じゃないか」をテーマソングに、かつてない奇跡の愛が奏でられる。

『陽だまりの彼女』は2013年1月中旬よりクランクイン、2013年10月、全国東宝系にて公開される予定だ。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top