第8回「このミス」大賞作×橋本愛の初単独主演作『さよならドビュッシー』予告が解禁

最新ニュース

『さよならドビュッシー』 -(C) 2013さよならドビュッシー製作委員会
  • 『さよならドビュッシー』 -(C) 2013さよならドビュッシー製作委員会
  • 『さよならドビュッシー』 -(C) 2013さよならドビュッシー製作委員会
  • 『さよならドビュッシー』 -(C) 2013さよならドビュッシー製作委員会
第8回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した中山七里原作の同名小説を『クロエ』以来、約10年ぶりにメガホンを取った利重剛監督が人気急上昇中の橋本愛を主演に迎え映画化した『さよならドビュッシー』。このたび、美しいメロディに彩られた本作の予告編とポスター・ビジュアルが解禁となった。

双子同然で育てられた16歳の香月遥(橋本さん)と従姉妹の片桐ルシアには、ピアニストになるという共通の夢があった。ある晩、ルシアと祖父の玄太郎(ミッキー・カーチス)が暮らす家で火事に巻き込まれた遥は、全身やけどの大けがを負いながらも、ひとり生き残ってしまう。彼女に残された希望は、生前のルシアと約束したドビュッシーの「月の光」を弾くことだけだった。やけどの後遺症による厳しいリハビリにくじけそうになりながらも、新しいピアノ教師の岬洋介(清塚信也)に勇気づけられ二人三脚でピアノコンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。しかし祖父が遺した24億円もの遺産を巡り、遥の身のまわりで不可解な出来事が頻発する…。

『貞子3D』の“美しすぎる貞子”役で注目を浴び、その後も『桐島、部活辞めるってよ』『ツナグ』など話題作に次々と出演し、若手実力派俳優として今後の活躍が非常に期待されている橋本さんにとって、初の単独主演作となる本作。

さらに、孤独な遥を献身的に支えるピアノ教師の岬洋介を演じるのは、“クラシック界の貴公子”こと本物のピアニスト・清塚信也だ。「のだめカンタービレ」や、映画『神童』での音楽指導や吹き替え演奏を担当したことで知られる貴公子が、満を持して本作で俳優デビューを飾っている。劇中ではピアノを華麗に弾いた後、セリフまでワンカットで一気に演じるという、本職ならではの演技も見せているよう。そのほかミッキー・カーチスや吉沢悠、柳憂怜、熊谷真実、戸田恵子、三ツ矢雄二など個性派俳優陣が脇を固めているのも見逃せない。

同時解禁となったポスターにも「秘めた想いは『月の光』と溢れ出す…」とあるように、物語のキーとなるのが今年、生誕150周年を迎え、音楽界でも盛り上がりを見せる作曲家・ドビュッシーの楽曲「月の光」。予告編からもその一端が垣間見えるが、劇中クライマックスでは橋本さんがピアノ演奏を堂々と演じきったそう。この予告編で奏でられるメロディからだけでも、ドビュッシーの美しい旋律の虜になってしまうはず。

『さよならドビュッシー』は2013年1月26日(土)より全国にて公開。

※こちらの予告編はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top