栗原類、バラエティでブレイクもモデルの「本業が減った」と生き残りに弱気

最新ニュース

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』トークサバイバル(栗原類&LiLiCo)
  • ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』トークサバイバル(栗原類&LiLiCo)
  • ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』トークサバイバル(栗原類&LiLiCo)
  • ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』トークサバイバル(栗原類&LiLiCo)
  • ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』トークサバイバル(栗原類&LiLiCo)
  • ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』トークサバイバル(栗原類)
  • ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』トークサバイバル(栗原類)
  • ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』トークサバイバル(LiLiCo)
映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』の公開を記念して1月23日(水)、過酷な海上サバイバル生活を送る主人公にちなんで、芸能界をサバイバルした経験を持つLiLiCoと、彼女とは正反対のネガティブキャラのモデル・栗原類によるトークショーが開催された。

アカデミー賞で11部門にノミネートを果たした本作。船が難破し家族と離れ離れになり、救命ボートにベンガルトラと乗り合わせることになった少年がなぜ生き残ることができたのかを美しい映像と共に描き出す。

LiLiCoさんと栗原さんは救命の浮き輪を片手に登場。「イケメン・ネガティブモデル」と紹介された栗原さんは、即座に「イケメンでもネガティブでもありません…」とおなじみの暗い口調で語ったが、LiLiCoさんはそんな栗原さんを「ルイルイ」と呼び、「こういうコなんですよぉ!」と恋人のようにベッタリ。実は、LiLiCoさんは栗原さんのお母さんと同い年(42歳)だそうで、恋人どころかすでに息子を温かく見守る母親気分? 栗原さんからは微妙に拒否反応が…。

映画については2人とも絶賛。特に度肝を抜く最新技術を駆使した3D映像について「これぞ3Dの世界観!」(LiLiCoさん)、「全くもって。3Dを理解し尽くした上で作った映画。目が痛くならない数少ない3D映画」(栗原さん)と惜しみない称賛を送る。

もしも乗ってる船が転覆し、2人で救命ボートで漂流することになったら? という質問に、栗原さんはまず「(助けてくれる)船を探します」と回答。すかさずLiLiCoさんは「もうちょっと何かしようよ! 暗いなぁ。もう少しポジティブに!」と煽るも、栗原さんは「これが精一杯です」とポツリ。

かつて、芸能界に入ったのちに鳴かず飛ばずで5年もの間、車でのホームレス生活を送った経験を持つLiLiCoさんは「何があっても生き抜く自信がある」と語る勢いそのまま! 船酔いしないのか? という栗原さんの問いにも「船酔いの方が私から逃げていくわ!」、「映画を観ても『私ならトラを食べちゃう』と思った。ルイルイ、食べちゃうよ!」と豪快に笑う。さらにLiLiCoさんは栗原さんの“初キス”を奪うことに執念を燃やしているそうで、この日も何度も「キスするぞ!」と脅しをかけ「船酔いの気持ちが分かります…。(キスしようとしたら)水に飛び込みます」と栗原さんを嘆かせていた。

栗原さんはサバイバル能力を有していることを証明すべく、腕力を示すためにLiLiCoさんのお姫様抱っこに挑戦するも片足を抱えるのがやっと…。何でも食べるワイルドさを試すべくスタッフから差し出されたイナゴの佃煮は、箸でつまむも匂いを嗅ぐと「ムリムリ、これムリです!」とリタイヤ。対照的にLiLiCoさんはイナゴをむしゃむしゃと食べ「酒がほしくなる」と笑っていた。

ここ最近、バラエティ番組などで共演することも多いという2人だが、LiLiCoさんは「まさにいま、モデルの世界でサバイバルじゃない?」と母親さながらに栗原さんを心配。栗原さんは「(モデルの)本業が減りましたよ。僕、(モデルとしては)小さいので…」と弱気な表情を浮かべていた。対照的に、LiLiCoさんは「『LiLiCo』というジャンルを作る!」と強気に語り、「私を倒せるのは武井壮だけ。武井壮が初めて負けるかも」と自らの強さをアピールしていた。

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』は1月25日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top