【MOVIEブログ】『図書館戦争』単行本型プレス

最新ニュース

『図書館戦争』単行本型プレス -(c)
  • 『図書館戦争』単行本型プレス -(c)
  • 『図書館戦争』単行本型プレス -(c)
  • 『図書館戦争』単行本型プレス -(c)
『図書館戦争』のプレス(マスコミ向けパンフレット)が完成しました!
今回もデザイナーさんと色々とアイデア出しして、「これだ!」というものができました。


今回のコンセプトは“新たな単行本”です。


『図書館戦争』は原作が有川浩さんの小説だったので、
その単行本と全く同じ形のサイズにして、
また新たな『図書館戦争』が出たんだぁ、
と思ってもらえるくらいのものを目指して作りました。

単行本と同じようにするにはある程度の厚さ(ページ数)も必要だったので、
プロデューサーや製作宣伝の方の力も借りて、かなりの量のテキストを書き込み、
結果32ページ(!)というプレスとしては異例の厚さのものができました。

パンフレットとして売ってもらっても損傷ないかと…。
でも、それでも実はかなりのテキストをカットしていて、
そちらは実際の劇場パンフレットに入るそうなので、
僕としても書いた甲斐があったというものです。

そして、何よりも一番のこだわりポイントは「しおり」。

これを今回はどうしても付けたかったのです。
これこそ「本物の本」感を出すために必須なもので、
このしおりってさりげないけど、本当に素晴らしい発明だと思うんです。
ちょっと紐一本を加えることで、どんなに本が本らしくなって楽しくなることか。
だから本好きとしてはどうしても付けたくて付けたくて、付けました。
完成品が届いたときの感動ったらなかったです。
裏表紙にはバーコードも入れてみて、
社内の女性陣にもすこぶる好評で「カワイイ~」の嵐。
してやったり。

映画も間もなく完成しますので、業界関係者のみなさまはぜひ試写会にお越し下さい。
単行本型プレスを持ってお待ちしております。m(_ _)m



【2013.3.1】
《text:Yusuke Kikuchi》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top