『ピーター・パン』ウェンディ役K・ボーモント、ウォルト・ディズニー氏を語る

最新ニュース

『ピーター・パン』ウェンディ役K・ボーモント、ウォルト・ディズニー氏を語る
  • 『ピーター・パン』ウェンディ役K・ボーモント、ウォルト・ディズニー氏を語る
  • ウェンディ役を務めたキャサリン・ボーモント
  • 『ピーター・パン ダイヤモンド・コレクション ブルーレイ+DVDセット』
世界中の幅広い世代から愛され続けている『ピーター・パン』。このたび初のブルーレイ化となり、ハイクオリティな映像で生まれ変わった本作だが、これを記念して製作当時ウェンディ役の声優と実写モデルを務めたキャサリン・ボーモントがインタビューに応じ、ウェンディを演じるまでの経緯やウォルト・ディズニーとの思い出など、当時の貴重なエピソードを語ってもらった。

もともと『ふしぎの国のアリス』のアリス役として、声優の仕事をしていたキャサリン。「完成までに2年を費やした『ふしぎの国のアリス』は、実写映像を参考にして作られたアニメーションで、その高い完成度にスタジオ関係者はとても満足していたようだわ。それで、ほとんど“ご褒美”としてウェンディ役が私に与えられたのだと思う」と当時をふり返るが、「同じ声優が2つの違う作品に抜擢されたのは初めてのこと」とも。「一作ごとに声優を変えるのが普通だった時代だから、私にはとてもユニークな経験になったわ」。

『ピーター・パン』も実は実写映像を参考にして作られたアニメーション。ピーターと共に子どもたちが空を飛ぶシーンが印象的だが、撮影の上で苦労したことなどはあったのだろうか? 「ええ、あれは大変だったわ! 撮影前は“空中ブランコみたいに前後に動けるなんて楽しい!”と、私たち子役はみんな思っていたの…。でも実際は、撮影スタジオのセットの天井を見上げると、当時まだ子どもだった私には、巨大なスタジオの天井が遥か遠くに見えたわ。それに私は、高所恐怖症だったから(笑)、恐怖で身体が固まってしまったのをいまでも覚えているわ。何度か練習を重ねるうちに、吊るされながら、円を描いて飛べるようになったの」。このようにして実写映像の撮影から最初のスケッチが作られ、それに動きをつけていき、色付きのアニメーション原画が完成していったのだ。

初めて本作を観たとき、「冒険満載の作品で、とっても気に入ったわ!」というキャサリンに、ウォルト・ディズニー氏の第一印象について尋ねてみた。「よくスタジオで見かけていたので、とても親切で優しい人だと知っていたの。スタジオでは特に目立つ存在で、『ピーター・パン』制作時には、ウォルトは単なる会社の重役ではなく、制作チームの一員だったわ。そして、ディズニー・スタジオ全体が『全員で力を合わせて、最高の作品を作り上げよう!』という気持ちでまとまっていたの」とふり返る。

さらに、「ウォルトは意見を求められるとまず、『君たちはどう思う?』とスタッフの意見に耳を傾けたわ。次に『どうすれば一番よくなるだろう?』と問いかけて、みなの合意や信頼を築いていったの。『ここはこうするべきだ!』とか『こうするんだ!』のような命令は絶対になかったわ」。

スタッフの一人一人の意見を大切にし、作品に愛情を注ぐウォルトだからこそ、いつの時代の子どもたちにも夢を与え、長く愛される作品を作り出すことができたのかもしれない。

「ピーター・パン ダイヤモンド・コレクション ブルーレイ+DVDセット」
価格:3,990円(税込)

「ピーター・パン&ピーターパン2 2-Movie Collection」(ブルーレイ2枚組)
価格:6,090円(税込)

発売中 ※オンデマンドにて配信中
発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト:http://disney-studio.jp/

(C) 2013 Disney
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top