橋本愛への「デートは?」の問いに、樹木希林が「楽しかったです」と助け舟

最新ニュース

「日本シアタースタッフ映画祭」の授賞式
  • 「日本シアタースタッフ映画祭」の授賞式
  • 「日本シアタースタッフ映画祭」の授賞式でスピーチをする橋本愛
  • 「日本シアタースタッフ映画祭」の授賞式でスピーチをする橋本愛
  • 「日本シアタースタッフ映画祭」の授賞式でスピーチをする染谷将太
  • 「日本シアタースタッフ映画祭」の授賞式でスピーチをする樹木希林
  • 「日本シアタースタッフ映画祭」の授賞式でスピーチをする阿部寛
  • 「日本シアタースタッフ映画祭」の授賞式
  • 「日本シアタースタッフ映画祭」の授賞式でスピーチをする内田けんじ
映画館で働くスタッフ選出による映画祭で、今年で4回目を迎える「日本シアタースタッフ映画祭」の授賞式が5月10日(金)に開催され、「主演男優賞」に輝いた阿部寛、「主演女優賞」の樹木希林、「助演女優賞」の橋本愛など受賞者が一堂に会した。

全国各地の映画館スタッフの投票によって決定し、運営も有志の映画館スタッフによって行われる同映画祭。今年は東宝スタジオがあり、昔から多くの映画人が暮らした“映画の街”として知られる東京・成城の成城ホールで開催された。

『桐島、部活やめるってよ』で「助演女優賞」を受賞した橋本さんは、トロフィーを手に喜びを噛みしめるように「本当に…すっごく、嬉しいです」と喜びを語る。「控室でもスタッフの方にお話を伺いましたが、この映画祭は映画に対する愛で支えられている。その舞台に立てることが夢みたいです」と公開される映画とお客さんに最も近い位置にいる映画館スタッフに選出されたことに大感激。

これまでホラー作品への出演が多かったが、自身は「痛み、血、骨に弱いので観るのを避けてます。自分が出演した映画の試写でも目をつぶってます(苦笑)」と告白。同作への出演で当初は「やっとキラキラした学生がやれると思った」と語るが、脚本の手直しが重ねられる中で、ゾンビシーンが挿入され「そういうイメージなんだなと思いました…」と苦笑していた。

同作で共演し、また一緒のシーンはないものの現在放送中のNHKドラマ「あまちゃん」でも共演している落合モトキとの交際報道があったばかりとあって、報道陣からは交際に関する質問が飛んだが、表情を崩すことなく無言を貫いた。「デートは楽しかったですか?」という問いかけに対しては、樹木さんが「ええ、楽しかったです」ととっさに助け舟を出す一幕もあった。

各受賞者の役柄や作品に合わせたユニークな手作りの表彰状の文言も同映画祭の特徴。『テルマエ・ロマエ』のローマ人役で「主演男優賞」に輝いた阿部さんに対しては、「日本人離れした彫の深さでローマ人役を…」と読み上げられると客席は笑いに包まれ、阿部さん自身もニッコリ。「すごくお客さんが入って、僕の人生にこんなことがあるのかと嬉しかった。五十前の男が全裸になったコメディでこうして賞をいただけたのは予想外」と受賞の喜びを口にした。現在は同作の続編を撮影中でありパーマのかかった髪型で登場したが、「続編はもっとすごいです」と期待を観客のあおっていた。

このほか「音楽賞」に『のぼうの城』の上野耕路、「新人賞」に『桐島、部活やめるってよ』の東出昌大、「脚本賞」に『鍵泥棒のメソッド』の内田けんじ監督、最高賞にあたる「グランシャリオ賞」にはアニメーション映画の『おおかみこどもの雨と雪』に授けられ、同作の細田守監督の「監督賞」と併せて2冠に輝いた。

会場にはサプライズで『のぼうの城』の犬童一新監督、樋口正嗣監督、樹木さんが「主演女優賞」を受賞した『わが母の記』の原田眞人監督も来場し、受賞者に花束を手渡し、会場は盛り上がりを見せた。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top