松本人志、監督4作目は『R100』!大地真央、冨永愛らが“露出度”の高さをアピール?

最新ニュース

松本人志監督&大森南朋&大地真央&寺島しのぶ&片桐はいり&冨永愛&渡辺直美&前田吟&松尾スズキ&渡部篤郎/『R100』会見
  • 松本人志監督&大森南朋&大地真央&寺島しのぶ&片桐はいり&冨永愛&渡辺直美&前田吟&松尾スズキ&渡部篤郎/『R100』会見
  • 大森南朋&大地真央/『R100』会見
  • 松本人志、第4弾監督作『R100』ポスター -(C) 吉本興業株式会社
  • 松本人志監督/『R100』会見
  • 大森南朋/『R100』会見
  • 冨永愛&寺島しのぶ/『R100』会見
  • 冨永愛&寺島しのぶ/『R100』会見
  • 松本人志監督&渡部篤郎/『R100』会見
松本人志監督が5月13日(月)、4本目となる監督作『R100』の製作報告会見を都内のホテルで行った。

2007年公開の『大日本人』を皮切りに、『しんぼる』『さや侍』と独自の映画美学を貫き続ける松本監督は、待望の新作について「“R15”とか“R18”といった規制をすっ飛ばした作品にしたかった」と説明。詳しいストーリーは「周りの大人から、あんまりしゃべるなと言われているので…」と明言を避けながら、「ムチャクチャな映画なので、世界観にとらわれず観てほしい」と自信を覗かせた。また、ワーナー・ブラザース映画が配給を手がけることも発表され、「映画の本分は、海を渡ることだと思っている」(松本監督)と海外進出にも意欲満々だ。

会見には主演を務める大森南朋を始め、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、渡辺直美、前田吟、松尾スズキ、渡部篤郎ら豪華キャスト陣も勢ぞろい。松本監督にとっても、これだけ多くの俳優を演出するのは初めてで「本当の意味での監督っていうのは、今回が初めてかもしれない」。会見開催と同時に、映画のチラシも解禁され、その裏面には「謎のクラブに入会してしまった男。日常生活に次々現れる個性的な女達。契約は1年間。ただし、絶対に途中でやめることは出来ない」、「誰も想像が出来ない、誰も体験した事が無い、刺激的な世界」、「ようこそ、未体験の世界へ」という謎めいた、そして何やら官能的な文言が踊っている。

主人公を演じる大森さんは、「ずっとテレビで松本さんのバラエティを見て育った世代。撮影はきつい部分もあったが(笑)、やはり主演は光栄な気持ち」と高揚した表情。一方、女優陣は「衣装の露出は70パーセント」(冨永さん)、「私は60パーセントくらいかな」(寺島さん)、「人生で一番の露出で、ちょっとビックリ」(大地さん)、「私はほとんど露出している」(渡辺さん)と劇中での露出度の高さを口にし、映画の世界観を紐解くヒントを明かしてくれた。

本作は、今年1月10日にクランクイン、4月8日に無事クランクアップ。現在順調に編集作業が進んでおり、関係者によると「ジャンルは、ファンタジー・エンターテインメント」だという。

『R100』は10月5日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top