ソ・ジソブ インタビュー【後編】「作品の積み重ねによって今の自分自身がある」

最新ニュース

ソ・ジソブ インタビュー【後編】「作品の積み重ねによって今の自分自身がある」
  • ソ・ジソブ インタビュー【後編】「作品の積み重ねによって今の自分自身がある」
  • ソ・ジソブ インタビュー【後編】「作品の積み重ねによって今の自分自身がある」
  • ソ・ジソブ インタビュー【後編】「作品の積み重ねによって今の自分自身がある」
  • ソ・ジソブ インタビュー【後編】「作品の積み重ねによって今の自分自身がある」
  • 『ある会社員』 -(C) 2012 SIMMIAN AND SHOWBOX/MEDIAPLEX ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ある会社員』 -(C) 2012 SIMMIAN AND SHOWBOX/MEDIAPLEX ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ある会社員』 -(C) 2012 SIMMIAN AND SHOWBOX/MEDIAPLEX ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ある会社員』 -(C) 2012 SIMMIAN AND SHOWBOX/MEDIAPLEX ALL RIGHTS RESERVED.
「会社」という組織で働く者なら誰もがどんな仕事であれ、「このままここで働いていていいのだろうか?」「私はなんのために働いているのだろう?」…そんなことを考えたことがあるのではないだろうか。映画『ある会社員』でプロの殺し屋チ・ヒョンドを演じたソ・ジソブは、“俳優も大きな会社の社員のようなもの”と語る。その心中とはいかに。彼の作品に懸けた思いと仕事観を追った。

【後編】

ミヨンを演じたのはジソブが俳優として活躍する以前から第一線で活動し、本作では5年ぶりに映画出演を果たした女優のイ・ミヨン。彼女から「ジソブさんは面白くない」と言われたことが韓国で話題になったが、ジソブは先輩女優への思いをこう教えてくれた。

「イ・ミヨンさんとお仕事するのは初めてだったんですけど、彼女は経歴が長いですし俳優としてのカリスマが溢れた俳優だと思います。本当にすごいなと思うのは、今まで彼女はずっと主役を演じきて、注目されるキャラクターを演じてきたわけですけど、今回は他の俳優をサポートするキャラクターにまわって、本当に後輩として学ぶ点が多かったですね。僕自身もキャラクターが気に入ってシナリオが理解できるのであれば、助演でも問題ないです。以前、こういうことがあったんです。ある台本を読んで、そこに出てくる助演が気に入ったから『やりたい』と言ったら、助演をやるはずだった人が主人公になってしまって、僕が主人公でなくなったこと(笑)。あと、僕が“面白くない”とのことですが、それは自分でも認めます(笑)。僕は面白くないです。日頃はほとんど喋らないんですよ。親しい人と会っていても僕は聞き役です」。

それじゃ、「自分の思いをどこで、何で吐き出すのか?」と訊ねると「ヒップホップ」という答え。そして「自分の好きなことを仕事と一緒に並行してやるということはやりたくないんですよね。だから歌手役もたぶんやらないと思います。音楽というのは自分の好きな人達と一緒に楽しみたいんです」と言う。自身の確固たる思いを抱えながらも、今回ヒョンドの部下として共演した映画初出演のK-POPグループ「ZE:A」のキム・ドンジュンについて語る姿はなんとも優しい表情だ。

「キム・ドンジュン君と共演してかわいらしいなと思ったのは、彼は人気歌手のアイドルなわけですけど、現場に来るときには本当に俳優のマインドを持って来るんです。多くの物を見て学ぼうという姿勢を持ってますし、自分がわからないことに関してはちゃんと聞いてきます。僕が彼に対してヒントを与えると、僕の知らない所でこっそり手帳にメモしたりして持ち歩いてるんですよ。そういうのを見て『ああ可愛らしいな』と思いましたね」。

後輩俳優に向けた思いを聞いた後、つい質問してみたくなった。「誰かを“育てる”ようなことをしてみる気はないんですか…?」

「僕は、誰かを育てるとかを考えたことはないです。アドバイスをしてあげることはできても育てるとかはないですね。だって自分1人が演技することだって大変ですから(笑)。だからといって、俳優はフリーランスでもありません。1人の仕事では絶対になりえないと思いますね。僕が何か誤った選択をしたとすると、それによってダメージを受けるのは僕1人だけじゃない。たくさんの人がダメージを受けてしまう。だから、俳優は1人だけの会社というわけじゃなくて、会社員のようなものなのかもしれないですね」。

最後に、ラストシーンのエピソードとメッセージを明かしてくれた。

「物語のラストの証明写真機のシーンはもともとなかったんですけど、足りない部分を満たそうという意味で入れられたんです。あのシーンの持っている意味は色々あると思うんですけど、“自分が嫌でも笑わなければいけない”、“自分は嫌なんだけどしかたがなくやらなければならない”とかそういった様々な状況について説明しています。会社員の方も、しなければならない仕事をしているわけであって、やりたい仕事をやっている人ってあまりいないですよね。あのヒョンドの表情には仕事をすることの意味、思いが込められていると思います。僕の個人的な望みとしては、『ある会社員』を観終わった後、みなさんに仕事について考える時間を持ってもらえたらなと思います。僕自身は撮り終えた作品の積み重ねによって今の自分自身があると思っていますが、みなさんにとって、『今を楽しく、幸せに生きているのか?』『死ぬほど仕事ばっかりしているのではないのか?』などを考えるきっかけになってくれたらいいなと思います」。

ソ・ジソブ インタビュー【前編】「仕事の向き合い方でその人が見える」
《text:Tomomi Kimura》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top