命がけで家族を守るお父さん、娘超ラブなお父さん…父の日に観たい映画といえば?

最新ニュース

『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』 -(C) 2012 KIMMEL DISTRIBUTION, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』 -(C) 2012 KIMMEL DISTRIBUTION, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』 -(C) 2012 KIMMEL DISTRIBUTION, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『くちづけ』 -(C) 2013「くちづけ」製作委員会
  • 『奇跡のリンゴ』 -(C) 2013「奇跡のリンゴ」製作委員会
  • 『箱入り息子の恋』 -(C) 2013「箱入り息子の恋」製作委員会
来たる6月16日(日)は父の日。「いつもありがとう」と感謝の気持ちを表したいけれど、照れてしまって素直になれない、そんなあなたに、今年はお父さんと一緒にデートムービーはいかが? 命がけで家族を守るアウトローや、野心家のお父さん、娘超ラブなお父さんに、息子の将来が心配なお父さん…現在公開中の映画から父と子の絆を描いた、父の日にぴったりの映画をご紹介!

まずは、ライアン・ゴズリングとブラッドリー・クーパーという、2大人気俳優が、全くタイプの違うお父さんを演じる『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』。それぞれの父と息子が宿命でつながる、名付けて“アウトローお父さんVS野心家お父さん”の物語。

天才的なライダーのルーク(ライアン)は、移動遊園地で命懸けのバイクショーを行い、その日暮らしの生活を送る日々。かつての恋人・ロミーナ(エヴァ・メンデス)がルークとの子供を密かに生んでいたことを知ると、2人を養うため、街で出会った修理工の男と共に銀行強盗を行うことに。一方、地元有力者の息子で立身出世に野心を燃やす新米警官のエイヴリー(ブラッドリー)は、ルークを執拗に追い詰めるが、いざ相まみえたとき、重大なミスを犯してしまう。

父と息子の揺るぎない愛、父の負った宿命を息子が引き継ぐという因縁の物語に、父は子を想い、子は父を想うこと間違いなし。そして、血のつながりというものをもう一度かみしめて、隣にいるお父さんにきっと感謝したくなるはず。

一方、『くちづけ』に登場するのは、竹中直人が演じる“娘ラブお父さん”! 知的障害で心が7歳のマコ(貫地谷しほり)が頼れるのは、漫画家の父(竹中さん)だけ。だが、自立支援の施設に入ったマコは、初めて父以外の男性に心を開くように。娘の急成長に驚きと喜びを隠せない父だったが、そんなころ自分の体に病気が見つかる…。父と娘の絶対的な愛に、親子で泣きっぱなしになってしまいそうなハートフル・ストーリーだ。

また阿部サダヲと菅野美穂が夫婦役を務めたことで話題の『奇跡のリンゴ』は、農薬の影響で体調がおかしくなった妻のため、無農薬のリンゴ作りに挑んだリンゴ農家の男を阿部さんが熱演する感動実話。11年にわたって試行錯誤を繰り返し、極貧生活も経験し、想像を絶する悲惨な目に遭いながら、やがて奇跡のリンゴと呼ばれる無農薬リンゴの栽培に成功した“奮闘お父さん”の姿と、そんなお父さんを応援する家族との絆が描かれる。

さらには、35歳、実家暮らし、年齢=彼女いない歴という1人息子、天雫健太郎(星野源)を結婚させるために親が頑張る『箱入り息子の恋』では、平泉成が“心配症お父さん”を演じている。ところが、健太郎が出会う奈穂子(夏帆)の父(大杉漣)もまた、突如現れた偏屈な健太郎を見て、娘を守ろうと必死! そんな2人のお父さんが、子供のために必死に婚活をする姿が、何ともコミカルだ。

映画の中の父子に笑って、泣いて、最後には感謝の気持ちを伝えられる。そんなデートムービーにきっとお父さんも大満足してくれるはず。

『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』は新宿バルト9ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top