堤真一が劇中歌で歌手デビューも福田監督「お世辞にもうまいとは言えない」と酷評!

最新ニュース

堤真一&橋本愛&生瀬勝久&山田孝之&濱田岳&水野美紀&石橋蓮司/『俺はまだ本気出してないだけ』初日
  • 堤真一&橋本愛&生瀬勝久&山田孝之&濱田岳&水野美紀&石橋蓮司/『俺はまだ本気出してないだけ』初日
  • 堤真一/『俺はまだ本気出してないだけ』初日
  • 堤真一&橋本愛&生瀬勝久&山田孝之&濱田岳&水野美紀&石橋蓮司&福田雄一監督/『俺はまだ本気出してないだけ』初日
  • 堤真一(父)&橋本愛(娘)/『俺はまだ本気出してないだけ』初日
  • 山田孝之/『俺はまだ本気出してないだけ』初日
  • 生瀬勝久(夫)&水野美紀(妻)/『俺はまだ本気出してないだけ』初日
  • 橋本愛/『俺はまだ本気出してないだけ』初日
  • 濱田岳/『俺はまだ本気出してないだけ』初日
映画『俺はまだ本気出してないだけ』が6月15日(土)に公開を迎え、主演の堤真一を始め、橋本愛、生瀬勝久、山田孝之、濱田岳、水野美紀、石橋蓮司、福田雄一監督が都内劇場で行われた舞台挨拶に登壇した。

青野春秋の人気漫画を実写化した本作。42歳バツイチ子持ちにして「本当の自分を探す」と仕事を辞めてゲーム三昧、娘に借金までするなどダメ街道を突き進み、さらには「漫画家になる!」と宣言するに至る大黒シズオの姿を描く。

この日は先述の登壇陣に加え、劇中で堤さんが6パターンのシズオを演じていることから、堤さんの精巧なフェイスマスクを被った5人のシズオ“シズオ5”も登場し会場を沸かせる。しかも、そのうちの一人、長髪にサングラスの“20代のシズオ”が劇中で歌っている楽曲「俺の時代」が、なんとエピックレコードからiTunesで限定で有料配信されることも決定!

劇場には曲が流され「大黒シズオ、ついに歌手デビューです!」と華々しく発表されたが、堤さんは「こんなのデビューじゃねーじゃん! 中途半端だし!!」と微妙な反応。さらに「iTunesって何ですか?」と自身の“デビュー曲”の配信の仕組みさえも理解していないさまを露呈し笑いを誘う。

堤さんは「元々、音痴でカラオケでも歌わないタイプなので…」と申し訳なさそうに明かすが、福田監督は容赦なく「お世辞にもうまいとは言えない。あんなもん、配信していいのか? こんな下手な歌が配信されるのは多分、初めて」と言いたい放題で、これには堤さんも「“あんなもん”って言うなよ!」と怒り心頭。有料配信という点について、山田さんは「物事の価値は(買う)相手が決めるもの」と平静を保ち、購入するか? と問われた濱田さんは「胸に沁みました」と返し明言を避けた。

翌16日(日)は“父の日”ということで、劇中で“父親”を演じている生瀬さん、石橋さん、堤さんに、それぞれ妻役の水野さん、息子の堤さん、娘の橋本さんから「本気」と書かれたパンツが贈られた。今年度の「ベストファーザー賞」に輝いた生瀬さんだが、水野さんは「“ファーザー”ってイメージないし。お子さんいたんですか? って感じ」と受賞への疑義を表明。

生瀬さん自身、「喜んでたのは両親と隣りに住んでる小林さんだけ。ニュースになるかと思ったら、マイケル・ジャクソンの娘のニュースばっかりだった…」と苦笑交じりで語り、客席は笑いに包まれた。

また水野さんは、劇中のシズオの姿について「堤さんの素に近い部分をやっと見てもらえる。やっと解禁ですね。これからはこの路線で!」とファンにとっては意外な堤さんの真の姿をほのめかす。これには福田監督も大いに同意し「そうなんですよ! 『意外なキャスティング』とか言われてるけど違う!」と熱弁をふるい、堤さんを苦笑させていた。

『俺はまだ本気出してないだけ』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top