「サザンオールスターズ」が23年ぶりに映画主題歌…岡田准一・主演『永遠の0』

最新ニュース

『永遠の0』主題歌に決定した「サザンオールスターズ」の「蛍」/ (C) 2013「永遠の0」製作委員会
  • 『永遠の0』主題歌に決定した「サザンオールスターズ」の「蛍」/ (C) 2013「永遠の0」製作委員会
  • 「サザンオールスターズ」
  • 「蛍」を収録したニューシングル「ピースとハイライト」(8月7日リリース)
  • 「蛍」を収録したニューシングル「ピースとハイライト」(8月7日リリース)
  • 『永遠の0』 -(C) 2013「永遠の0」製作委員会
岡田准一(V6)を始め、三浦春馬、井上真央と“最旬”キャストが集結した映画『永遠の0(ゼロ)』。注目を集める本作の主題歌を、先日、再始動を発表した「サザンオールスターズ」が担当することが明らかとなった。

原作は、太平洋戦争を題材にした戦争小説にも関わらず、その斬新な内容で発売以来じわじわと口コミで人気に火がつき、20代から高年齢層まで幅広い男女に支持されベストセラーとなった。現代に生きる青年・健太郎が戦時に生きた祖父の足跡をたどるというミステリーを軸に、時代を超えて感動を呼ぶ壮大なラブストーリーが展開する。

今回本作の主題歌となるのは、桑田佳祐が描き下ろした楽曲「蛍」。「サザン」が8月7日に「ピースとハイライト」「栄光の男」「人生の散歩道」を含む全4曲入りのシングルがリリースされていることは発表されていたが、この「蛍」はこれまでベールに包まれてきたその“最後の1曲”となる。

戦時下、そして現代と時空を超えたストーリーが展開する本作とあって、普遍的な平和への祈りを、桑田がオーケストラをバックに情感豊かに歌い上げる美しいバラードに仕上がっている。

「サザン」が映画の主題歌を担当するのは、桑田佳祐が自ら監督を務めた映画『稲村ジェーン』('90)の「真夏の果実」以来のことで、実に23年ぶり。

桑田さんからは、「“家族のために必ず生きて帰る。それこそが愛ではないか”そう信じ、“待っている人がいる”ことそのものが生きる力となり、生きる原動力となっている。現代を生きる私たちにも通ずる、そんな主人公・宮部久蔵の姿に非常に大きな感動をいただきました」とのコメントが寄せられている。

『永遠の0(ゼロ)』は12月21日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top