キャサリン妃&ウィリアム王子、ピザで出産祝い

最新ニュース

キャサリン妃&ウィリアム王子&ロイヤルベビー-(C) Getty Images
  • キャサリン妃&ウィリアム王子&ロイヤルベビー-(C) Getty Images
  • キャサリン妃&ウィリアム王子&ロイヤルベビー-(C) Getty Images
  • キャサリン妃&ウィリアム王子&ロイヤルベビー-(C) Getty Images
  • キャサリン妃&ウィリアム王子&ロイヤルベビー-(C) Getty Images
  • キャサリン妃&ウィリアム王子
  • キャサリン妃-(C) Getty Images
  • キャサリン妃-(C) Getty Images
  • キャサリン妃&ウィリアム王子-(C) Getty Images
英キャサリン妃とウィリアム王子はピザを食べて出産祝いをしたようだ。将来のイギリス国王となる男児の誕生に大喜びをした2人だが、22日(現地時間)の早朝6時頃に入院し、午後16時24分の出産に至るまで11時間の陣痛に耐えたキャサリン妃と、それを隣で支えたウィリアム王子はその晩、とても空腹になってしまったという。その後、ロイヤルベビー誕生の公式発表の10分ほど前となる午後20時45分頃に、2人の護衛官たちがロンドン・パディントン地区にあるセント・メアリー病院内の裏口から2枚のピザを運ぶ姿が目撃されている。

炭水化物たっぷりのピザは、お産で体力を消耗し、お腹の空いたキャサリン妃にぴったりの軽食だったようだ。もしキャサリン妃が出産後すぐに食事を摂らなかった場合、糖質および脂質の代謝障害により、吐き気や頭痛を引き起こしてしまうケトン症と呼ばれる症状に陥ってしまう危険性があった。

キャサリン妃は赤ちゃん、そして父親になったウィリアム王子と一緒に家族水入らずで、22日から23日にかけて病院で一夜を過ごしている。セント・メアリー病院とバッキンガム宮殿前には英王室ファンが大挙して訪れ、王位継承順位が3番目となる未来の国王誕生のニュースのお祝いをするためストリート・パーティーが開かれた。 

男の子の誕生で世界中から祝福の言葉が届く中、ウィリアム王子は22日の午後、出産を耐えたキャサリン妃と共に「これまでにない最高の幸せ」を感じていると短いメッセージを残している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top