新ハリウッド版『ゴジラ』がコミコン襲う! 渡辺謙の出演も明らかに

最新ニュース

『GODZILLA』 (C) Legendary.  All Rights Reserved.
  • 『GODZILLA』 (C) Legendary.  All Rights Reserved.
  • 渡辺謙 Getty Images
  • 向かって左からギャレス・エドワーズ監督、エリザベス・オルセン、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブライアン・クランストン。コミコン2013。 Getty Images
  • ジュリエット・ビノシュ Getty Images
  • デヴィット・ストラザーン Getty Images
  • 東京日比谷にあるゴジラ像
  • 『GODZILLA』 (C) Legendary.  All Rights Reserved.
ワーナー・ブラザース、レジェンダリー・ピクチャーズの製作により、2014年に全世界で公開されるハリウッド版『GODZILLA』。米西海岸サンディエゴで開催中のコミコンで、ティザービジュアルと映像がついに世界解禁となった。

東宝製作の『ゴジラ FINAL WARS』('04)以来10年ぶりの“ゴジラ”復活となることでも注目されている本作は、2014年5月16日(現地時間)に全米公開、その後日本公開がされること、監督に『モンスターズ/地球外生命体』のギャレス・エドワーズ、主演にアーロン・テイラー=ジョンソン、そして日本からは渡辺謙が出演することが発表されている。そんな中、ティザービジュアルと映像がついに解禁された。

「コミコン インターナショナル サンディエゴ2013」の3日目となる20日(現地時間)、6,500人収容のホールHにて、エドワーズ監督、主演のアーロン、エリザベス、ブライアンがファンからの質疑応答に応じ、最新フッテージ映像がお披露目された。

エドワーズ監督から「2日前にハワイでの夜の撮影をもってクランクアップし、その足でコミコンに駆けつけた」ことが語られると、会場からは大歓声があがった。さらに本作の撮影でカナダの入国審査を通った際のエピソードを披露。

「ノーチラス」というコードネームを使って撮影の説明をすると詳細な説明を求められ、仕方なく『GODZILLA』の監督をする旨を伝えたところ、「ぜったいに変なもん作るなよ!」と言われ、ほかの入国審査係からも同様に言われ、20分ほどにわたり、どうしたらよいゴジラ映画が撮れるかを語り合ったという。

またファンからのQ&Aで、“ゴジラ映画”を監督することに関しての質問が飛ぶと、「プレッシャーは自ら課してしまったものだと思う。というのも、これこそやりたかったことであったから。東宝とは密に連絡を取っているが、この作品が東宝のゴジラの一部になって欲しいと思う。これこそ本物のゴジラ映画だ、と言われるように」と語るなど、歴代ゴジラ・シリーズを思う監督のコメントに会場は沸いた。

そして最新フッテージ映像が公開。登場人物の紹介とスペクタクルシーン、最後に背びれのあるゴジラが咆哮と共に登場すると、拍手と大歓声が沸き起こった。渡辺さんの登場にも一際大歓声が上がるなど、わずか2分程度の映像ながら、世界中のファンの期待が高まった。この映像はコミコン会場限定のプレミア映像…日本で“新生ゴジラ”の映像がお披露目されるのはもう少し先になりそうだ。

『GODZILLA』の製作は、ワーナー・ブラザーズとレジェンダリー・ピクチャーズが担当。出演はアーロン、渡辺さん、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、デヴィット・ストラザーン、ブライアン・クランストンら。日本では東宝の配給で、2014年夏に公開される。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top