J・J・エイブラムス、SFX誌の投票で「SF界最高の才能」に選出

最新ニュース

J・J・エイブラムス-(C) Getty Images
  • J・J・エイブラムス-(C) Getty Images
  • J・J・エイブラムス
  • J・J・エイブラムス-(C) Getty Images
J・J・エイブラムスが「SFX」誌の投票で「SF界最高の才能」に選ばれた。同誌で発表された毎年恒例のSF、ファンタジー分野での最高の才能を選出するランキング「ホット50」で、8月23日に最新作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の日本公開を控え、『スター・ウォーズ』シリーズ最新作の監督にも起用されたエイブラムスが見事1位に輝いている。

さらに、『アベンジャーズ』シリーズのジョス・ウェドン監督が2位、『ハンガーゲーム』シリーズ主演のジェニファー・ローレンスが3位と続いた。同誌編集員のニック・セッチフィールドは「我々のホット50を選ぶ作業はいつもかなり大変なんですが、いつの日か J・J・エイブラムスが1位の座に君臨するものだと確信していました」「彼はいまや、SF大作映画というジャンルを築き上げた『スター・ウォーズ』という映画史上最大級のシリーズ作の責任者になったわけですから。あの映画の世界で何をやってくれるのか楽しみで待ちきれません」と語っている。

さらに、人気テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」で製作総指揮を務め、最近にはシーズン3で記録的な視聴率を叩き出した番組の仕掛け人であるデイヴィッド・ベニオフとD.B. ワイス、さらに8月30日に日本公開を控えた新作『マン・オブ・スティール』の脚本を執筆した脚本家のデヴィッド・S・ゴイヤーもトップ10圏内にランクインしている。

2015年には、エイブラムスの最新作『Star Wars: Episode VII』(原題)、ジョスの監督最新作『The Avengers: Age of Ultron』(原題)、デヴィッドが脚本を手掛ける『Superman vs Batman』(原題)と3つの超大作が公開を予定しており、その年の「ホット50」の1位の座を巡る争いは熾烈を極めそうだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top