新大久保発のK-POPアイドル「MYNAME」

韓流・華流

『新大久保物語』 -(C) 2013「新大久保物語」製作委員会
  • 『新大久保物語』 -(C) 2013「新大久保物語」製作委員会
  • 『新大久保物語』 -(C) 2013「新大久保物語」製作委員会
  • 『新大久保物語』 -(C) 2013「新大久保物語」製作委員会
  • 『新大久保物語』 -(C) 2013「新大久保物語」製作委員会
  • 『新大久保物語』 -(C) 2013「新大久保物語」製作委員会
  • 『新大久保物語』 -(C) 2013「新大久保物語」製作委員会
  • 『新大久保物語』 -(C) 2013「新大久保物語」製作委員会
日本デビュー1周年を迎え、7月のファンミーティングではおよそ2000人を動員した人気K-POPグループ「MYNAME(マイネーム)」。彼らの初主演映画『新大久保物語』の主題歌が決定し、キービジュアルが公開された。

本作は、さまざまな境遇を背負い韓国・ソウルから新大久保にやって来た5人の若者が、ひたむきにスターを目指す青春サクセスストーリー。

地道にオーディションを受け続けるジュンQとコヌは、芸能事務所のマネージャー歌子(藤本泉)と出会う。2人の才能を見抜き、社長の琴美(国生さゆり)にプロデュースを持ちかける歌子。また、渋々2人に会いに行った琴美は、腰の治療のため来日した天才パフォーマー・セヨン、韓流おばさま相手に観光ガイドをするチェジン、夢もなく無気力に生きるインスとも出会う。5人が奏でるパフォーマンスに一体感を感じた琴美は、新大久保発のK-POPアイドル「MYNAME」としてデビューさせるべく動き出すが……。

今回公開されたのは、主演の「MYNAME」が5人揃って歩く写真に加え「新大久保、ここがオレたちの夢のスタート」とキャッチコピーが添えられた爽やさを感じられるビジュアル。また、先日のファンミーティングでは主題歌の発表も行われ、彼らが歌う新曲「Shirayuki」が披露された。

「MYNAME」のセヨン、インス、コヌ、ジュンQ、チェジンを始め、彼らを応援する歌子役を演じるのは、1200人のオーディションから選ばれた新鋭女優、藤本泉。彼らと出会ったことで仕事への情熱を取り戻す琴美役には、本作が6年ぶりのスクリーン復帰となる国生さゆりを迎えた。ほか、IZAM、六平直政、カンニング竹山、岡本麗など実力個性派俳優陣が顔を揃えている。

3年間の厳しい練習期間を経て、日韓でスターとなった彼らを知っているファンにとっては、本作品の内容はまさに実際の「MYNAME」そのもの。それだけに、クライマックスの華麗なライブシーンは、見逃せない場面となりそうだ。

仲間と絆を深め合いながら、ひたむきに夢を追う若者の姿を描きだしていく本作。そんな彼らに、きっとキラキラとした青春を感じることができるはず。

『新大久保物語』は11月16日(土)新宿ミラノほか全国公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top