水谷豊、伊藤蘭が祈りを込めて灯籠流し ユタカのゆかたに惚れ惚れ?

最新ニュース

水谷豊&伊藤蘭/『少年H』 in 第15回旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流し
  • 水谷豊&伊藤蘭/『少年H』 in 第15回旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流し
  • 水谷豊&伊藤蘭&吉岡竜輝くん&花田優里音ちゃん/『少年H』 in 第15回旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流し
  • 水谷豊&伊藤蘭&吉岡竜輝くん&花田優里音ちゃん/『少年H』 in 第15回旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流し
  • 水谷豊&伊藤蘭&吉岡竜輝くん&花田優里音ちゃん/『少年H』 in 第15回旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流し
終戦記念日である8月15日(木)、江戸川区と江東区の境を流れる旧中川のふれあい橋の付近で「第15回旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流し」が開催され、映画『少年H』に出演する水谷豊、伊藤蘭も2人の子役と共に祈りを込めて灯籠を流した。

ふれあい橋の架橋を記念して1999年から江戸川区と江東区が共同して行なってきた東京大空襲の犠牲者の慰霊を目的としたこの灯籠流し。今年は例年よりも多いおよそ3千人が参加し、2,200もの灯籠が流された。

子役の吉岡竜輝くん、花田優里音ちゃんと共に浴衣姿で来場した水谷さんと蘭さんの灯籠にはそれぞれ「平和」、「共に笑い合える世界を」という言葉が。しめやかな雰囲気の中、4人は灯籠を流し、水面を揺れる炎を見つめていた。

空襲犠牲者の慰霊、そして「自分の中で思いが風化しないように」と祈りを込めたと言う水谷さんは「灯籠流しは初めてですが、この季節になるとニュースや写真で見てました。実際にここへ来てやってみると、思いが届きそうな気になります」と静かに語る。

蘭さんは「子どもたちにずっと笑顔でいてもらいたい」と灯籠に込めた思いを明かし「厳かな気持ちになりますね。灯りを見ていると御霊が鎮まりますようにという思いになります」と語った。

浴衣を着るのは本作の撮影以来という水谷さん。「やはり日本人だなという気持ち」と語るが、撮影をのぞいて蘭さんと夫婦そろって浴衣を着るのは「初めてですね。新鮮です」とニッコリ。蘭さんに水谷さんの浴衣姿の感想を尋ねると、水谷さんは隣で「ユタカのユカタですね(笑)」とまさかのオヤジギャグにご満悦。蘭さんは「似合ってると思います。年齢を重ねてきて(笑)、渋さがあって余計に良いですね」と笑顔を見せた。

『少年H』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top