「東方神起」の真価はライヴで発揮? キュート&クールな魅力に注目

最新ニュース

「東方神起」ユンホ&チャンミン
  • 「東方神起」ユンホ&チャンミン
  • 『G.I.ジョー バック2リベンジ』韓国プレミア(「東方神起」・チャンミン)
  • 『黄金を抱いて翔べ』完成披露試写会
  • 「No Limit~地面にヘディング~」DVD-BOX発売記念イベント
  • 「No Limit~地面にヘディング~」DVD-BOX発売記念イベント
韓流アーティストたちのトップをひた走る「東方神起」が先日17日(金)・18日(土)、さいたまスーパーアリーナ公演を皮切りにスタートした全国ツアーのファイナルとなる横浜・日産スタジアムで、海外アーティストとして初のライヴを行った。その「東方神起 LIVE TOUR 2013 ~TIME~ FINAL in NISSAN STADIUM」の模様が、このほどスカパー!ch.309フジテレビNEXTライブ・プレミアムで10月26日(土)に独占放送されることが決定した。

9月にリリースされる新曲「SCREAM」を初披露したほか、最新シングル「OCEAN」を含むおよそ30曲を熱唱し、17日・18日の2日間でのべ14万4,000人を超える観客を熱狂の渦へと誘った。

“歌って・踊れて”はもはやK-POPの基本だが、“トンペン(東方神起ファン)”たちがライヴに詰めかける理由の一つが、「東方神起」の2人(チャンミンとユンホ)が魅せる完璧なパフォーマンスだ。その甘いマスクとは裏腹に、鍛え上げられた肉体をフルに使って、会場を盛り上げるポップナンバーや熱いダンスナンバーでは、キレのあるステップと息の合ったシンクロダンスに、会場のボルテージは常にMAX! しかし、バラード調の曲になれば一転、バックダンサーと共に艶感たっぷりのセクシーダンスでファンをメロメロにさせてしまう。いうなれば、光と影。一つのステージ上で生み出される彼らのギャップに、誰もが思わず胸キュン状態になること必至だ。

さらに、甘く・軽やかに響き渡るチャンミンと深く・力強い体の芯にまで届くユンホの歌声。ツイッター上では、彼らの歌声に「やられました!」という声が多数あがっている。ファンのひとりは「勿論ルックスや人間性も大好きだけど、ただのミーハーとかアイドルマニアじゃなく、『東方神起』の歌声に惚れたんだ」といったつぶやきも見られる。

そんな人々の心を鷲掴みにする「東方神起」の2人だが、ライヴ中は常に真剣な表情をしているわけではない。特に、ライヴのもう一つの楽しみでもある“MC”は、彼らの可愛い素顔から意外な一面まで覗き見れてしまう貴重な時間だ。

「チャンミンの毒舌感が好きなんだよね~、ユノのちょっと天然(?)な感じも好きだけど(笑)」というように、ファンたちはこのMCをかなり楽しみにしている様子。チャンミンに至っては、その笑顔弾けるキュートなフェイスからは想像もできないが、「チャンミンにズバズバ言われたい!」、「ライヴで生毒舌が聞きたい!」と半ば叫びのようにチャンミンの毒舌を待ち望むファンも。

あるライヴでは「チャンミンこっち向いて~」との声にも「嫌です」、さらに「チャンミンかっこいい!」の声には「そう思ってるのはあなただけです(笑)」といった小悪魔な毒舌が毎回炸裂しているそう。もちろん、今回の日産スタジアムでのライヴでもファンのハートをグサリと貫く毒舌を披露している。

そして、会場にファンが何万人集まろうとも、毎度爆笑の渦へと巻きこむ“モノマネ職人”ユンホ。「午後の紅茶を午前に飲んでやったぜぇ、ワイルドだろぉ?」とピン芸人・スギちゃんのモノマネを始め、関根勤から伝授されたという大滝秀治、キンタロー。などなど…そのレパートリーは幅広く、完成度もかなり高い。

パフォーマンスでMCで、常にファンたちのハートをガッチリと掴まえる、可愛くもクールな「東方神起」。全力でファンの声援に応え続ける彼らの姿に、きっと元気をもらえるはず。

ファイナル公演の放送に先立ち、8 月31日(土)には今年6月に行われた同ツアーの東京ドーム公演を、9月29日(日)には「東方神起」が出演する「a-nation 2013 stadium fes.0831」の模様も放送。3か月連続で放送される熱気あふれるビッグライヴを体感してみて。

「東方神起 LIVE TOUR 2013 ~TIME~ FINAL in NISSAN STADIUM」は10月26日(土)よりフジテレビNEXTライブ・プレミアムにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top