『スター・ウォーズ エピソードVII』は2015年クリスマスに公開?

最新ニュース

R2-D2&C-3PO-(C) Getty Images
  • R2-D2&C-3PO-(C) Getty Images
  • J・J・エイブラムス
  • R2-D2&C-3PO-(C) Getty Images
J・J・エイブラムス監督最新作『Star Wars: Episode VII』(原題)が2015年12月に劇場公開される可能性が出てきた。来年早々にロンドンのパインウッド・スタジオでプロダクションが開始されることになっているエピソード7だが、新たな3部作の皮切りとして、従来通りの5月公開ではなく、異例となるクリスマス時期の公開が予定されているようだ。というのも、2015年の夏にはすでに、『The Avengers: Age of Ultron』(原題)『『Superman vs. Batman』(原題)『Pirates of the Caribbean 5』(原題)などの超大作が公開日を設定していることから、それらとの接戦を避けて、同年12月に公開日を移したものと考えられている。

一方、エイブラムスは現在、プロデューサーのキャスリーン・ケネディを始め、ローレンス・カスダン、マイケル・アーント、サイモン・キンバーグら脚本家らと共にエピソード7の脚本を練り上げている段階だ。

ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーの3人も続投予定で、最近ではユアン・マクレガーとイアン・マクダーミドもシリーズ復帰を果たすのではないかと言われている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top