倉科カナが“尽くす女”に! ダメ男の魅力は「3対7の“飴とムチ”」

最新ニュース

倉科カナ&林遣都/WOWOW ドラマW「鍵のない夢を見る」(第1話「芹葉大学の夢と殺人」)
  • 倉科カナ&林遣都/WOWOW ドラマW「鍵のない夢を見る」(第1話「芹葉大学の夢と殺人」)
  • 倉科カナ、成海璃子、木村多江、高梨臨、広末涼子/WOWOW ドラマW「鍵のない夢を見る」
  • 倉科カナ/WOWOW ドラマW「鍵のない夢を見る」(第1話「芹葉大学の夢と殺人」)
倉科カナ、成海璃子、木村多江、高梨臨、広末涼子という豪華な女優陣を各話の主演に迎えて贈るWOWOWの連続ドラマW「鍵のない夢を見る」。いよいよ明日(9月1日)、倉科さんが主人公を務める第1話の放送がスタートするが、このほどそのドラマ劇中のビジュアルが到着した。

「冷たい校舎の時は止まる」で鮮烈なデビューを果たし、その後も若者独特の心の揺れを描き続けている人気作家・辻村深月の「第147回直木賞」を受賞した小説を、全5話構成のオムニバス・ドラマとして完全映像化。ありふれた日常の一コマに潜む人間のドラマを描いていく。

今回第1話として放送されるのは、身勝手なダメ男に振り回されながらも人生を差し出してしまう未玖の日常を描いた「芹葉大学の夢と殺人」。

絵本作家を志す大学生の未玖は、同じ学科に通う恋人・雄大(林遣都)とよく夢を語り合っていた。彼の夢は途方もなく大きく、友人たちにはバカにされるかも知れないが、自分だけは純粋な雄大の夢を信じてあげようと思っていた。卒業とともに夢をあきらめて美術教師になった未玖と留年した雄大は、環境の変化もあって別れることになる。

しかし、彼に未練のある未玖は、ずるずると会いに行ってしまう。求められるまま身体の関係を持つものの、雄大は身勝手な要求ばかり。ホテルや食事代も当然のようにいつも未玖の支払っていた。そんなある日、雄大が殺人容疑で指名手配中と知る…。

“ダメンズ・ウォーカー”まっしぐらなヒロイン・未玖役には、ヒットドラマ「花のズボラ飯」や映画『みなさん、さようなら』など人気・実力ともに急上昇中の女優・倉科カナが、そして彼女を振り回すダメ男・雄大にはイケメン俳優の林遣都が演じている。

先日行われた制作発表会見で倉科さんは、振り回されても思わず尽くしてあげたくなるダメ男・雄大の魅力をこう語っている。「だいたい7割が私を傷つける行動だったり、言動だったりするんですが…ただ、あとの3割は“私を愛しているんじゃないか”と錯覚してしまうような行動だったりするです。“飴とムチ”じゃないですけど、そのたった3割だけでより好きになってしまう…」と照れながら共感。

さらに、「本当にダメ(な男)なんだけれども、“きっと私じゃないと、雄大は理解できない”…」。そんなヒロイン・美玖を深く理解できたといい「より一層彼女の気持ちを追いかけてみたくなった」と、ツラいのに幸せを感じてしまう悲しい“女の性”を語っていた。

最後に倉科さんは、「みなさんの目には悲しいラストに映るかも知れないけれど、私としては幸せな気持ちになりました。人を愛することって幸せなんだと思いました」と母性あふれる優しい笑顔で本作をアピールしていた。

「鍵のない夢を見る」は9月1日(日)よりWOWOWにて放送開始(全5話)。倉科さん主演の第1話「芹葉大学の夢と殺人」は無料放送。

「鍵のない夢を見る」公式サイト
http://www.wowow.co.jp/dramaw/kagi/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top