松本潤、ドSな関西ファンにタジタジ…「えっ!? もう1回!?」

最新ニュース

上野樹里/『陽だまりの彼女』 in 大阪
  • 上野樹里/『陽だまりの彼女』 in 大阪
  • 上野樹里/『陽だまりの彼女』 in 大阪
  • 上野樹里/『陽だまりの彼女』 in 大阪
  • 『陽だまりの彼女』-(C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会
  • 『陽だまりの彼女』-(C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会
  • 『陽だまりの彼女』-(C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会
  • 『陽だまりの彼女』-(C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会
  • 『陽だまりの彼女』-(C) 2013『陽だまりの彼女』製作委員会
松本潤(嵐)と上野樹里をメインキャストに迎えて贈る、“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”と言われる小説を映画化した『陽だまりの彼女』。このほど、大阪・TOHOシネマズ梅田でサプライズ・イベントが行われ、主演の松本さんと上野さん、さらに監督の三木孝浩が舞台挨拶に登壇。松本さんが関西弁を披露し、地元ファンを大いに沸かせた。

新人営業マンの浩介(松本潤)は、仕事先で中学時代の同級生・真緒(上野樹里)と再会する。初恋の相手だった2人は、再び恋に落ち、結婚。しかし真緒には、誰にも知られてはいけない“不思議な秘密”があり…。

誰もが一生に一度だけ経験する“初恋”をテーマに真実の愛を描き出す本作。この日、登壇した上野さんは兵庫出身ということもあり、「こんばんは、自然と関西弁になってしまいますね」と関西圏での舞台挨拶に嬉しそう。そんな上野さんに相槌をうつ松本さんも、「そうやなぁ」とつられ、“関西ver”の松本さんに客席のボルテージも一気に上昇。

本作で初共演を果たした2人だが、その感想を聞かれると松本さんは「樹里ちゃんがすごくまっすぐで、ストレートに感情を表現する方だったので、一緒に芝居をしていて創っていくのがすごく楽しかったです」と撮影当時をふり返る。しかし、意外にも三木監督によると、「撮影前に食事会をしたとき、(2人は)全然喋らなかった」そう。

これに松本さんは「みんなで行ったのですが、(樹里ちゃんと)監督が喋っているのを、『そうなんだー』と横で聞く感じでした(笑)。撮影が進むにつれて徐々に話すようになりましたね」と述懐。さらに上野さんが「信頼したら、それは揺るぎないものになります」と映画を通して深めた絆の強さを伺わせた。

最後は、関西弁でのコメントを求められた松本さん。「すげー緊張する!」と照れながらも、「今日は、来てくれてホンマありがとう! めっちゃ良い作品になってるから、楽しんでな! ほな、帰るわ! …なんですか、このすごい嬉しい反面、恥ずかしい反面…みなさんの“まぁまぁえーんちゃうか”みたいな(笑)」と見事な一人ツッコミまで披露。ネイティブの上野さんからは、「最後の“楽しんでな!”が良かった」とフォローも入り、会場は笑いに包まれた。

…が、そこはやはり大阪のファン。客席からは「もう1回ー!」というまさかの“おねだり”が。これに松本さんは、「えっ!? もう1回!? すごいドSな方がいますね(笑)」とタジタジになりつつ、「でも、僕のクオリティは変わりません!」と返し、最後まで笑いに包まれたイベントとなった。

『陽だまりの彼女』は10月12日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top