榮倉奈々&加瀬亮が“アゲアゲ” 映画『わたしのハワイの歩きかた』来夏公開

最新ニュース

『わたしのハワイの歩きかた』
  • 『わたしのハワイの歩きかた』
  • 『わたしのハワイの歩きかた』
『余命1ヶ月の花嫁』(’09)、『図書館戦争』(’13)の榮倉奈々が、ハワイで主演映画初の海外ロケに挑む『わたしのハワイの歩きかた』が来年夏に公開されることが決定。榮倉さんは、これまでの硬派なイメージを覆すハイテンションな“アゲアゲ”キャラクターに扮し、キュートなはっちゃけ演技を披露するという。

小山田みのり(榮倉さん)は恋も仕事もそこそこ順調な26歳・雑誌編集者。そんなみのりに、もうじきハワイで挙式をあげる友人から2次会の 準備を任せたいと依頼が舞い込み、ハワイへ飛び立つ。そこで出会ったのがハワイ在住の吉村アカネ(高梨臨)。夜な夜なパーティに繰り出す自由奔放なアカネに連れられて、みのりもハワイの夜にどっぷりはまっていく。そこに、夢を追いかけ悪戦苦闘する実業家・鎌田勉(瀬戸康史)、自然をこよなく愛する自由奔放な大富豪の息子・阿部知哉(加瀬亮) が加わり本当の幸せを見つけていく――。

同作は、『婚前特急』(’11)で数々の賞を受賞した前田弘二監督が手がける新感覚な“ハワイ”を描くコメディ映画。榮倉さんと高梨さんとの出会い、また2人を迎え撃つ男性陣の瀬戸さん、加瀬さんとの合流により、パラダイス生活にスパイスを加える。

オールハワイロケについて榮倉さんは「まさか、海外初の映画の撮影を大好きなハワイでさせていただくとは思っていなかったので、とても嬉しいです」と大喜び。主演としてのプレッシャーや不安もあると言いつつも、「ハワイの空気と太陽、そして共演者の皆さんに助けてもらいながら乗り切ろうと思っています」とやる気満々で語る。

一方、相棒役アカネを演じる高梨さんは、これが人生初のハワイ。「何日かいるうちにハワイの空気に染まっている気がします」とすっかり現地を気に入った様子で、お金持ちとの結婚を夢に、連夜パーティーに繰り出す役どころにも「わたしたちの人間性や関係性もとても面白いので、楽しさをみなさんに伝えられるように頑張ります!」と意気込みを語る。

前田監督は、榮倉さんについて「最高にかわいくて、いじらしくて、ちょっぴり小生意気で憎たらしいすてきなヒロイン」を演じていると称賛。また「主人公がお酒を呑むシーンが多々あります。榮倉さんに実際に呑んでいただき撮影しているのですが、こちらの想像以上のはじけっぷりです」と榮倉さんの変貌ぶりがいまから楽しみだ。

『わたしのハワイの歩きかた』は2014年初夏全国公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top