マリリン・モンロー、あごの美容整形手術を受けていた

最新ニュース

マリリン・モンロー-(C) Getty Images
  • マリリン・モンロー-(C) Getty Images
  • マリリン・モンロー
  • マリリン・モンロー-(C) Getty Images
  • マリリン・モンロー-(C) Getty Images
マリリン・モンローが美容整形手術を受けていたことが 診療記録から明らかになった。ハリウッドの形成外科医マイケル・ガーディンによって書かれた一連の書類や数多くのレントゲン写真などマリリンの診療記録が来月オークションに掛けられることになっており、1950年から1962年までの日付が記載された書類の一部によると、マリリンがあごの整形手術を受けていたことが明らかになっている。ガーディン医師の記録では、1950年にマリリンのあごに軟骨のインプラントが移植され、その後少しずつ分解が始まったと記載されている。

オークションをカリフォルニア州のビバリー・ヒルズで来月9日(現地時間)と10日に開催する米競売会社ジュリアンズ・オークションの執行役員マーティン・ノーラン氏は「マリリン・モンローが美容整形手術を受けていたなんて誰も考えもしませんでしたよね。でも常にうわさはありましたがね。整形したのか、しなかったのかと」「当時は誰もがマリリンは生まれながらの美人だと信じていました。整形したなんて信じたくなかったんですね」「それに1950年代には、美容整形手術はまだ世間的には好意的に受け止められていませんでしたしね。一般的になったのはごくごく最近の話ですよ」と話している。今回のオークションでは1万5,000ドル(約150万円)から3万ドル(約290万円)の落札価格が見込まれている。 

さらに、レントゲン写真には1962年6月7日と記載されていて、マリリンの顔の正面の骨、左右からの鼻骨、口蓋などの写真が撮られている。そのレントゲン撮影の2か月後に、マリリンは36歳という若さで睡眠薬の過剰摂取が原因となりこの世を去っていて、事件は自殺として処理されている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top