顔出しNGのマル秘トークに注目! マツコが語る新番組「マツコの日本ボカシ話」

最新ニュース


 マツコ・デラックスが“顔出しなら絶対に話せない話”をテーマに、さまざまな業界関係者を招いて、マツコならではの切り口でトークを繰り広げていくTBSの新バラエティ番組『マツコの日本ボカシ話』が、10月22日(火)よりスタート。この度、初回収録が都内某所の喫茶店で行われ、収録後にマツコが囲み取材に応じた。

 この番組は、普段身近に接している業界の方々をゲストに招き、ボカシ有りで顔出しなし、時には音声も加工、ゲストのプライバシーを保護した状態で、業界の裏ネタに切り込んでいくトークバラエティ。きっとあのことかな? あの噂は本当だったのか? などなど、見たら想像が膨らむこと間違いなしの深夜ならではのトークが展開されていく。

 初回は、保険セールスの関係者がゲスト。収録を終えたマツコは「ここで真面目な話をしてもつまらないので、ほとんど夜の営業の話と独居老人の話をしていただけよ。ボカシがかかっているのって、そういう意味では面白いかもしれないわね」と初収録の手応えを語った。また、スタジオではなく、実在する街の喫茶店の小さなテーブルを挟んで向かい合うスタイルで行われたトークについては、「こういうところから特別なものが生まれるとスタッフは思ったのかもしれないけれど、狙ったほどのことは出ていない気がするわ(笑) でも、スタジオセットにお金がかけられないなら、全然こっちの方が重厚感はあるわね」と語り、趣のある喫茶店での撮影にまんざらでもない様子。

 そして、今回の番組のコンセプトについて聞かれると「本当に実名を出せたら面白いんだろうけれど、逆に出せないから話せるっていうことを狙っているのよね。例えばネットで何でもかんでもつまびらかにしたら、最後はケンカしか残っていないじゃない? そこをケンカせずにバカバカしくやっていきたい」と番組の狙いを話した。

 TBSで9月まで放送されていた『マツコの知らない世界』では、さまざまなジャンルのマニアックな方々をゲストに招いてトークを展開していたが、新番組との違いを聞くと「『マツコの知らない世界』は、ゲストが自分の趣味を知ってほしいと思って出てきていたじゃない? この番組では逆に自分の職業の知って欲しくないことを話しにきているのよ。そこが面白い」と番組のみどころを説明してくれた。

 また、これから番組で話を聞いてみたい業界については結婚関連や葬儀関連、風俗関連をあげ「人間の毒々しいものや本能的な部分に携わっている人たちのバカみたいな話を聞いてみたいわね。結婚式や葬儀場とか、急に取っ組み合いの喧嘩したのを目撃したとか、そういうのを聞いてみたい。風俗嬢には、私こんなことしているのに感動して思わず泣いちゃった。とかいろいろありそうじゃない?」と語っていた。実現すれば興味深い話が展開されそうだ。

 最後に、マツコは「この枠、これまでも半年しか続いてないから、それくらいの力でやっています」とうそぶきながらも、「半年で終わることを想定してやれるのはかえって面白いかもしれないわね。最後はどうなったっていいから、めちゃくちゃにしてやれ、みたいなね(笑) 番組ってスタッフも含めて大切にして長続きさせたいと思ってやっているじゃない。でも、終わることがわかっていてやるのは初めてだから、良い意味でやけっぱちになってやるのは楽しみよね」と、マツコならではの表現で新番組への意気込みを語った。

■『マツコの日本ボカシ話』
2013年10月22日(火)スタート
毎週火曜日24時13分~24:43(TBS系)


顔出しNGのマル秘トークに注目! マツコが語る新番組『マツコの日本ボカシ話』

《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top