GG賞最多ノミネート『アメリカン・ハッスル』…“今年度No.1&歴代5位”興行記録樹立!

最新ニュース

『アメリカン・ハッスル』キャストたち(クリスチャン・ベイル&ブラッドリー・クーパー&ジェニファー・ローレンス&エイミー・アダムス&ジェレミー・レナー&デヴィッド・O・ラッセル監督)
  • 『アメリカン・ハッスル』キャストたち(クリスチャン・ベイル&ブラッドリー・クーパー&ジェニファー・ローレンス&エイミー・アダムス&ジェレミー・レナー&デヴィッド・O・ラッセル監督)
  • クリスチャン・ベイル/『アメリカン・ハッスル』-(C) 2013CTMG
  • ブラッドリー・クーパー/『アメリカン・ハッスル』-(C) 2013CTMG
  • ジェニファー・ローレンス/『アメリカン・ハッスル』-(C) 2013CTMG
  • エイミー・アダムス/『アメリカン・ハッスル』-(C) 2013CTMG
  • ジェレミー・レナー/『アメリカン・ハッスル』-(C) 2013CTMG
  • 『アメリカン・ハッスル』-(C) 2013CTMG
  • 『アメリカン・ハッスル』-(C) 2013CTMG
『ザ・ファイター』でアカデミー賞6部門、『世界にひとつのプレイブック』ではアカデミー賞8部門と2作連続で「作品賞」「監督賞」にノミネートされたデヴィッド・O・ラッセル監督の最新作『アメリカン・ハッスル』

12月13日(現地時間)より北米6館での公開スタートとなり、興行収入690,000ドル、1館あたりの興収アベレージも115,000ドルを記録し、今年度の公開作品で第1位、さらに歴代記録でも第5位という大ヒットを記録していることが明らかとなった。

クリスチャン・ベイルにブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムスをキャストに迎え、実際に起こったFBIエージェントと超一流詐欺師と政治家による一大囮作戦「アブスキャム事件」を描いた、豪華な“騙し合い”が話題の本作。

先週発表されたゴールデン・グローブ賞では、ブラッド・ピットが出演・製作を務めた『それでも夜は明ける』と並んで、最多7部門ノミネートを果たし群雄割拠の賞レースの中、大きな注目を集めた。

そんな熱気に包まれながら公開を迎えたとあって、その盛り上がりは火を見るより明らか。見事、興業的にも成功を収めている。この大ヒットぶりに海外では2,500館規模へと拡大公開されることも決定している。

『アメリカン・ハッスル』は2014年1月31日(金)よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top