【予告編】美顔No,1のマリオン・コティヤールが“娼婦”に堕ちる…『エヴァの告白』

最新ニュース

マリオン・コティヤール/『エヴァの告白』-(C)2013 Wild Bunch S.A. and Worldview Entertainment Holdings LLC
  • マリオン・コティヤール/『エヴァの告白』-(C)2013 Wild Bunch S.A. and Worldview Entertainment Holdings LLC
  • マリオン・コティヤール in 第66回カンヌ国際映画祭 -(C) Getty Images
  • マリオン・コティヤール-(c)Getty Images
  • マリオン・コティヤール&ジェレミー・レナー/『エヴァの告白』-(C)2013 Wild Bunch S.A. and Worldview Entertainment Holdings LLC
アメリカの映画サイト「TC Candler」が選ぶ2013年の「世界で最も美しい顔100人」で見事1位に輝いたことで話題を集めている、マリオン・コティヤール。

そんな彼女が、時代に翻弄されながら唯一の肉親である妹のために娼婦にまで身を落とし、盗み、愛を利用しても生き抜くことを選んだ一人の美しい女・エヴァの物語がを紡ぎ出した、映画『エヴァの告白』の予告編が到着した。

1921年のニューヨークを舞台にした本作で、貧困の時代を売春婦となり、カトリック教徒の罪の意識と戦いながらも2人の男の愛を利用しながら逞しく生きるエヴァを演じているマリオン。

さらにエヴァに仕事を斡旋し、彼女を愛し穢しながらも生かす裏社会の男ブルーノ役にホアキン・フェニックス。彼女と一緒に逃げようと手を差し伸べるがどこか頼りない旅の道化オーランド役にジェレミー・レナーと、彼女を奪い合う俳優たちも豪華。

今回届いた予告編では、最初は頼りない、人に頼ることしか生きる道がない女性だったエヴァが、過酷な人生に翻弄されながら、やがて一人で生きる術を身につけ、強い女性に変貌する様を見事に演じており、時折、教会の告解室で見せる純粋な素のエヴァの表情はとても印象的なものとなっている。



マリオンの出演作をひとつも見たことがなかったジェームズ・グレイ監督が、プライベートではマリオンのパートナーであり俳優・監督のギヨーム・カネと友達になった後にマリオンに会い、彼女の美しさの虜になり、彼女への宛書で本作の脚本を書き上げたのだとか。

「『この女性なら何も台詞を言う必要はないな』と思いました。彼女は本当に表情が豊かなのでサイレント映画にも出られますよ」とマリオンの美しさを称えるグレイ監督。

一方のマリオンも「彼が私のために『映画を書いてもいいだろうか』と聞いてきたんです。そんな話って! 一緒に仕事をできたらいいなと願う映画製作者たちのリストがありますが、もちろんジェームズ・グレイはそのリストに入っていました。むしろお願いするべきは私の方でした。彼からのメールを読んだときの気持ちは言い表せません」と本作出演の経緯を語っている。

今年のカンヌ国際映画祭「コンペティション部門」にも正式出品され、そのレッド・カーペットでもその美しさで観客を魅了していたマリオン。“美しい顔”だけでなく、彼女の渾身の演技にも注目してみて。

『エヴァの告白』は2014年2月14日(金)、TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top