レオ様、ノリノリで客席をスマホ撮影も…「撮影禁止」呼びかけに笑顔で謝罪!

最新ニュース

レオナルド・ディカプリオ&ジョナ・ヒル&マーティン・スコセッシ(監督)/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』来日プレミア・イベント
  • レオナルド・ディカプリオ&ジョナ・ヒル&マーティン・スコセッシ(監督)/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』来日プレミア・イベント
  • レオナルド・ディカプリオ&ジョナ・ヒル&マーティン・スコセッシ(監督)/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』来日プレミア・イベント
  • レオナルド・ディカプリオ/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』来日プレミア・イベント
  • ジョナ・ヒル/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』来日プレミア・イベント
  • マーティン・スコセッシ(監督)/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』来日プレミア・イベント
  • レオナルド・ディカプリオ&ジョナ・ヒル&マーティン・スコセッシ(監督)/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』来日プレミア・イベント
  • ジョナ・ヒル/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』来日プレミア・イベント
  • レオナルド・ディカプリオ/『ウルフ・オブ・ウォールストリート』来日プレミア・イベント
レオナルド・ディカプリオが“俳優休業”前の最後の出演作となる『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を引っさげ来日。マーティン・スコセッシ監督、共演のジョナ・ヒルと共に1月28日(火)、都内で行われたプレミアイベントに出席した。

実話を元に、欲望に駆られ巧みな弁舌でウォールストリートで成功の階段を駆け上がる男の姿を描いた本作。レオはゴールデングローブ賞の「最優秀男優賞」を受賞しており、アカデミー賞でも「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」「助演男優賞」などにノミネートされている。

大歓声に迎えられて劇場に登場したレオは、「狂気に満ちた作品であり、見たことないシーンばかりで全てが見どころ。こうして日本にこの作品を持って来ることができて嬉しいです」と満面の笑み。舞台挨拶中、スマートフォンで歓声に沸く客席の様子を撮影するなどリラックスした様子を見せていた。

悲願のオスカー獲得への期待に関しては「7年にわたって携わって、情熱を傾けてきた作品がアカデミーに認めていただけて満足してるよ。リスキーな要素を孕んだ作品だけど、現代社会を反映してると思う。この作品を完成に導けただけで受賞したような気分なんだ」と語った。

ジョナは初来日となるが、過去に日本食で役作りの減量のためのダイエットを行なったと明かしているなど親日家としても知られる。この日も「ファッション、芸術に食事といろんな分野で日本のファンなんだ。美術館や博物館にも行ってみたいし、できるなら京都にも足を延ばしてみたい。それから有名な寿司屋の“ジロー(※すきやばし 次郎)”にも行ってみたいな」と笑顔を見せた。

スコセッシ監督はレオとのタッグは本作で5作目。だが、これまでとの違いについて「今回、私にとっても、そしてレオにとっても言えることだが、キャラクターに対する“自由”を手に入れたと思う。カメラの前でどんなことでもできたんだ。それは新たな演技のレベルへと我々を導いてくれたと思う」とハッキリと手応えを口にする。

最後に、スコセッシ監督は本作を「とってもとってもおかしくて、そしてシリアスな物語」と評し、レオは「社会に警鐘を鳴らす物語でもあるから楽しんで」と呼びかけた。

レオは終始、スマホを手にご機嫌な様子で客席を撮影。この日の舞台挨拶は時間を制限して観客も舞台挨拶の様子を撮影可能となっていたが、途中「Q&Aの最中は撮影はご遠慮ください」と観客に向けたアナウンスが入ると、レオが「ごめん、僕も撮影してたよ(苦笑)」と謝罪し会場が笑いに包まれる一幕もあった。

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は1月31日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top