妻夫木聡、瑛太、満島ひかり、柄本佑、野村周平が5人兄弟、名作ドラマ『若者たち』現代版を制作

最新ニュース

妻夫木聡、瑛太、満島ひかり、柄本佑、野村周平、蒼井優、橋本愛、吉岡秀隆といった、今を代表する演技派キャストが大集結するフジテレビ開局55周年記念ドラマ『若者たち』が、7月期にスタートすることがわかった。

ドラマは、1966年にフジテレビ系列で放送された青春ドラマ『若者たち』ベースに制作。田中邦衛、橋本功、佐藤オリエ、山本圭、松山省二が演じる貧しい5人の兄弟を中心に描いた作品で、それぞれがたくましく生きてゆく姿を通し、まだ残る戦後の傷跡、社会の貧困、学歴社会、学生運動など当時の社会問題を鮮烈に描き大きな反響を巻き起こした。今回のドラマでは、当時の作品をベースにしつつも、あくまで“今の社会”を切り取った現代版として、また兄弟だけではなく、彼らと関わる者たちとの青春群像劇として制作される。

また、豪華出演者たちが揃った本作。5人兄弟には、長男役に妻夫木、次男役に瑛太、長女役に満島、三男役に柄本、四男役に野村。さらに今回のドラマでは、この兄弟5人だけではなく、それぞれの人生に影響を与えていく相手(恋人や憧れの人)を含めた群像劇として“今の若者たち”描かれ、蒼井、橋本、吉岡といったキャストが決定している。各々がドラマや映画などで主役を担っているような実力ある俳優女優陣たちが、どのような演技を見せてくれるのかに期待が高まる。

演出を務めるのは『北の国から』で知られる杉田成道。1966年の放送当時、学生寮で『若者たち』を見て、胸を締め付けられる感動を覚えたという。それから四十数年、「時代は変わる、しかし、変わらないものもある。それは“青春”でしょう。若さとは、不安と矛盾でのたうち回り、理想と現実のはざまに苦しみ、恋愛に未来を思い、人生に意味を見つけようと苦闘する姿であります。それは、誰もが通る道であり、そこには“光”がなければなりません。人生はバトンリレーのようなものならば、僕らは先輩たちから受け継いだバトンを次の世代に受け渡す使命があると思い、新たな『若者たち』を考えてみました。次の世代に“希望”を抱いてもらいたいと切に願って・・・」と作品への思いを語った。さらに、杉田成道と共に演出を務めるのは、『Dr.コトー診療所』などを手掛けた中江功、『最高の離婚』などを手掛けた並木道子といった最強の布陣がそろい、今の“若者たち”を熱く、激しく、感動的に描いていく。

■フジテレビ開局55周年記念ドラマ『若者たち』
2014年7月期放送スタート
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top