松山ケンイチ「高山病になりかけた」 標高3000mでの過酷ロケを語る

最新ニュース

松山ケンイチ&蒼井優&豊川悦司&檀ふみ&新井浩文&木村大作(監督)/『春を背負って』完成披露会見
  • 松山ケンイチ&蒼井優&豊川悦司&檀ふみ&新井浩文&木村大作(監督)/『春を背負って』完成披露会見
  • 松山ケンイチ&蒼井優/『春を背負って』完成披露会見
  • 松山ケンイチ/『春を背負って』完成披露会見
  • 蒼井優/『春を背負って』完成披露会見
  • 新井浩文/『春を背負って』完成披露会見
  • 豊川悦司/『春を背負って』完成披露会見
  • 松山ケンイチ&蒼井優&豊川悦司&檀ふみ&新井浩文&木村大作(監督)/『春を背負って』完成披露会見
  • 松山ケンイチ/『春を背負って』完成披露会見
俳優の松山ケンイチが3月13日(木)、都内で行われた主演作『春を背負って』(木村大作監督)の完成報告会見に出席。木村監督指揮の下、標高3000mの立山連峰での過酷なロケを「寒いのに汗が止まらず、ひざもガクガク。高山病になりかけました」とふり返った。

数々の名作を手がけてきた名カメラマンで、初の監督作品『剱岳 点の記』が大きな反響を巻き起こした木村監督が“監督引退”を撤回し、笹本稜平氏の同名小説を映画化。父親の死をきっかけに、東京を離れ、大汝山(おおなんじやま)に立つ山小屋を継ぐ決心をした主人公・長嶺亨(松山さん)が、そこで出会う人々との交流を通して、変化と成長を遂げるヒューマンドラマだ。

松山さんにとっては、初めての木村組で「『剱岳』に出演されたみなさんから過酷だったと聞いていたが、お話をいただきすごく嬉しかったし、とにかくケガをしちゃいけないなと。自然は素晴らしいものを与えてくれると同時に、命をも奪うものなので、気を引き締めた」と述懐した。

それだけに、「自分でも見たことない表情がたくさんありました。壮大な景色と人間の美しさが描かれた作品」と晴れやかな表情を見せた松山さん。大自然に身を置き「決してラクではないが、逆らえない自然の中で、無事に撮影を終えることだけを考えた。だからこそ自分の中で説得力のある亨でいられた」と胸を張った。

ちなみに、松山さんから見た木村監督は「現場のお父さん」のような存在だったと言い、「豪快な方ですけど、同時にとても無垢で純粋に映画のことだけを考えている。監督の前で小手先な芝居は通用しないし、いつも以上に全身全霊を込めた」と話していた。

会見には松山さんを始め、木村監督、共演する蒼井優、豊川悦司、檀ふみ、新井浩文が出席し「監督の“今まで”と“今”がギュッと詰まった作品。その一部になれたのは幸せ。恐れ多い存在の木村監督に撮っていただけるチャンスを断る理由はなかった」(蒼井さん)、「自分が出ていることを忘れるほど、引き込まれた。シンプルで力強いメッセージがあり、前向きになれる作品」(豊川さん)、「大自然を前に演技なんて吹っ飛んでしまう現場。自然から感じ取ったことを精いっぱい演じた」(檀さん)、「監督の作品は『剱岳』に続いて2度目。これからも木村監督が撮り続ける以上、呼ばれたい」(新井さん)。

木村監督は「演出なんて何もしてません!」と断言し、「僕がしたことは、俳優さんを本物の場所に連れて行っただけ。本物を前に演じてもらえば、人間の素やたたずまいが出るもの。それが最大の演出です」とこだわりの美学を熱弁していた。

『春を背負って』は6月14日(土)全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top