大ヒットの裏に“闘うヒロイン”あり!『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』

最新ニュース

スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ役)/『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 -(C) 2014 MARVEL. ALL RIGHTS RESERVED.
  • スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ役)/『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 -(C) 2014 MARVEL. ALL RIGHTS RESERVED.
  • スカーレット・ヨハンソン/『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』プレミア in L.A.
  • 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 -(C) 2014 MARVEL. ALL RIGHTS RESERVED.
  • スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ役)/『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 -(C) 2014 MARVEL. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 左からアンソニー・マッキー&スカーレット・ヨハンソン&クリス・エヴァンス&サミュエル・L ・ジャクソン&セバスチャン・スタン/『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』プレミア in L.A.
2015年の公開を目指し、撮影が開始されている『Avengers: Age of Ultron』(原題)に直結する作品として、早くも大きな注目を集めている『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』

『アベンジャーズ』を凌駕するスケールのアクション、緻密に練られたサスペンスに溢れた本作では、クリス・エヴァンス演じるキャプテン・アメリカだけでなく、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウの活躍も期待されている。

『アベンジャーズ』シリーズでは紅一点ながら、しなやかな身のこなしと容赦のない戦いぶりで男性顔負けの活躍を見せていた、女スパイ “ブラック・ウィドウ”。抜群の身体能力・精神力・知的さを持ち合わせており、本シリーズでも欠かすことのできない名ヒロインへと成長を遂げている。

名ヒロインといえば、日本でも大ヒットし、本年度アカデミー賞で最多7部門を受賞した『ゼロ・グラビティ』では、スペースミッション中に事故に遭い、宇宙空間に放り投げだされた医療技師ライアン・ストーン博士を演じたサンドラ・ブロックの迫真の演技が話題となった。

サンドラは、ジョージ・クルーニー演じるベテラン宇宙飛行士の力も借りながら、無重力かつ暗黒の宇宙空間と向き合い、地球へと帰還するべく奮闘する孤高のヒロインを熱演。精神の限界に挑戦したその姿には世界中が大興奮し、アカデミー賞「主演女優賞」にもノミネートされた。そう、いま、“闘うヒロイン”には、熱い視線が注がれているのだ。

ブラック・ウィドウは、アベンジャーズと共に戦ったニューヨークの出来事では、武器の専門技術や豊富なレパートリーの武術でエイリアンの撃退に貢献。その後、国際平和維持組織シールドの一員として数々の任務をこなしてきたが、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』では、突然これまで共に戦ってきたシールドの仲間たちから生命を狙われることになってしまう。彼女は、自分たち以外は誰も信用できない孤立無援の中、キャプテン・アメリカと共に恐るべき陰謀に立ち向かう…。

かつては、『風と共に去りぬ』(‘39)で、南部の令嬢スカーレット・オハラ(ヴィヴィアン・リー)が、南北戦争開始直前、愛や戦争に翻弄されながら“時代”と闘い、力強く生きていくまでの姿を描き出した。

70年代には、『エイリアン』シリーズのシガニー・ウイーバーが、何度でも立ち上がり、闘うことをあきらめない孤高のヒロインに。『グロリア』(‘80)では、家族を殺された少年フィルを、グロリア(ジーナ・ローランズ)がマフィアから守るべく奮闘していた。

また、『ターミネーター』シリーズ(’84~)でサラ・コナーは、未来で活躍する人間のリーダー、ジョン・コナーを殺人兵器ターミネーターから守るため、母としても懸命に闘った。

いまや、6児の母となったアンジェリーナ・ジョリーの代表作『トゥームレイダー』シリーズ(’01~)のララ・クラフトは、2000年代を代表する闘うヒロインだ。トレジャー・ハンターであるララは、謎の組織と闘いながら、古代の秘宝へとつながる手がかりを自慢の頭脳と肉体を駆使して解き明かしていく。

もちろんその系譜は、ジェニファー・ローレンスが主演する超人気シリーズ『ハンガー・ゲーム』や、全米で大ヒットスタートとなった『ダイバージェント』へと続いていくわけだ。

名作には、美しき孤高のヒロインが自ら体を張り、活躍する作品も数多い。女性の社会進出を象徴するかのような、闘うヒロインたちの台頭。今年はスカーレット・ヨハンソンのブラック・ウィドウが、その中心になることだろう。

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』は4月19日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top