キングコングの雄たけびを“爆音”で体験! 爆音映画祭開催

映画

『キングコング:髑髏島の巨神』(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『キングコング:髑髏島の巨神』(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
  • 丸の内ピカデリー爆音映画祭
  • 樋口泰人氏
  • 『キングコング:髑髏島の巨神』(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(C) 2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
  • 『マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション』(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED (C)2016 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ゼロ・グラビティ』 -(C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
『キングコング:髑髏島の巨神』のキングコングの雄たけびや、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の迫力のエンジン音などを、高品質の音響で楽しむ「丸の内ピカデリー爆音映画祭」が開催されることになった。

「映画は“音”で、もっと楽しめる!」というコンセプトをもとに、映画館にライブ・コンサート向けの大規模かつ高品質な音響機器をセッティング、作品の持つ“音”の世界や可能性を極限まで探求し、大音量で表現する“爆音”映画祭。

これを総合的にプロデュースするのは、2004年から、いまはなき東京・吉祥寺バウスシアター、そして日本全国各地にて音楽用のライブ音響システムを使用して数々の爆音上映を企画・上映し、まさに“爆音”という「新しい映画の楽しみ方」を創出した株式会社boid代表・樋口泰人。爆音によって、視覚までもが変わり映画そのものも違って見える、大音響でなければ聴こえてこない微かな音までも聴こえる、といった画期的な面白さで人気を博している。

今回は、映画愛にあふれ、繊細かつアーティスティックなプロデュースで定評のある樋口氏が、これぞ“爆音”で堪能してほしいと考える6本の名作を、新作・旧作織り交ぜて選出、作品それぞれに適した音響調整を実施する。まさに映画祭開催日から封切りとなる最新作『キングコング:髑髏島の巨神』では、“爆音”で響き渡るキングコングの雄たけび、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』では、“爆音”のエンジン音を轟かせ砂漠を爆走する戦車群、そして一転、無限の宇宙を彷徨う『ゼロ・グラビティ』では、樋口氏が無音の宇宙を“爆音”でどう表現するのかも、見どころとなっている。

迫力のあるシーンはよりダイナミックに、緊張感のあるシーンはよりきめ細やかになるよう、作品・シーンそれぞれに合わせ、繊細に音量・音圧を調整していくことで、新たな感動を創造する爆音映画祭。かつてない映画体験を、楽しみにしていて。

「丸の内ピカデリー爆音映画祭」は3月25日(土)~4月7日(金)まで丸の内ピカデリー3にて開催。

上映作品<全6作品> 
■『キングコング:髑髏島の巨神』 ■『マッドマックス 怒りのデスロード』
■『マッドマックス 怒りのデスロード<ブラック&クローム>エディション』
■『ダークナイト』 ■『ゼロ・グラビティ』 ■『パシフィック・リム』
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top