【予告編】石原さとみが“着物”姿で江戸を奔走! 映画『幕末高校生』

最新ニュース

玉木宏&石原さとみ/『幕末高校生』 -(C) 2014「幕末高校生」製作委員会
  • 玉木宏&石原さとみ/『幕末高校生』 -(C) 2014「幕末高校生」製作委員会
  • 『幕末高校生』 -(C) 2014「幕末高校生」製作委員会
  • 『幕末高校生』で時代劇W初主演となる玉木宏&石原さとみ
玉木宏が教科書のイメージとは違う、ちょっぴり日和見な勝海舟に、月9ドラマ「失恋ショコラティエ」の小悪魔役も話題となった石原さとみが江戸時代にタイムスリップする高校教師となり、W主演を果たす映画『幕末高校生』。「ぴあ」の表紙でおなじみの及川正通氏が初めて映画ビジュアルを手がけていることでも注目の本作から、待望の予告編が解禁となった。

時は幕末、1868年――江戸では、西郷隆盛(佐藤浩市)率いる薩長の新政府軍と幕府軍の戦いが始まろうとしていた。無益な戦いを何とか避けたい勝海舟(玉木さん)は、西郷隆盛へ和平の使者を送るも、まだ彼からの返事は来ない。

一方、高校教師・未香子(石原さん)とその教え子・雅也(柄本時生)たちは、“体感ヒストリー江戸時代”なるもので突然、江戸にタイムスリップしてしまう。未香子は、同じく江戸へ来ているはずの恵理(川口春奈)、慎太郎(千葉龍大)を探し出し、未来へ帰りたいというが、それまで、勝が彼らの面倒を見ることになり…。

今回解禁された予告編では、玉木さんが「どこか頼りなく人間らしい、新しい勝海舟を見せることができた」と宣言しているとおり、豪快な殺陣や馬術で魅せたかと思えば、怪しい暴漢に切りかかられて、為す術なく逃げ惑う一面も披露。また、勝海舟が出会うはずのなかったルービックキューブにすっかり夢中になり、悪戦苦闘している姿も描かれている。

そして、いまノリにノッている女優・石原さんは、勝海舟をひと目見て「江戸、無血開城!」とテンションMAX! 佐藤さん扮する西郷隆盛が仕掛ける江戸総攻撃を何とかして食い止め、歴史を修正して自分が帰るべき未来を取り戻すために、“玉木・勝”とともに江戸の街を着物姿で駆け巡る。

また、川口さん演じる女子高生の現代ギャルメイクと江戸の着物との融合(?)なども盛り込まれ、新感覚のタイムスリップ時代劇の世界観も堪能できる。



こんな江戸時代なら、歴史の勉強も楽しくなってしまいそう!?

『幕末高校生』は7月26日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top