【全米興行収入ランキング】『キャプテン・アメリカ』第2弾、『ハリポタ』越えで首位に!

最新ニュース

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 -(C) 2014 MARVEL. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 -(C) 2014 MARVEL. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ノア 約束の舟』-(C) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
  • 『ダイバージェント』TM & (C) 2013 Summit Entertainmet, LLC. All Rights Reserved.
  • 『グランド・ブダペスト・ホテル』 - (C)2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
4月4日から6日(現地時間)の週末全米映画興行成績(出典:box office mojo)は、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』が前作の約1.5倍となる興行収入9,620万ドル(約99億円)を叩き出し『ハリー・ポッター』、『スター・ウォーズ』、『007』シリーズを超えて、シリーズ映画全米興行収入歴代NO.1に輝いた。

アベンジャーズと異次元から来襲したチタウリとの戦いから2年後の世界を舞台に、所属する諜報組織“S.H.I.E.L.D.(シールド)”をめぐる陰謀に巻き込まれ、過酷な試練にさらされるキャプテン・アメリカとブラック・ウィドウの活躍を描く。監督は『ウェルカム・トゥ・コリンウッド』(’02)のアンソニー・ルッソとジョー・ルッソが務め、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソン、ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンらが続投するほか、謎に満ちた国際平和維持組織の幹部役として名優ロバート・レッドフォードが加わるなど、キャスト陣にも注目が集まっている。

前週1位の『ノア 約束の舟』、同2位の『ダイバージェント』はそれぞれ2位、3位にランクダウン。『Muppets Most Wanted』(原題)は3位から6位に急落した。

その一方で、前週5位の『God's Not Dead』(原題)は4位に、同6位の『グランド・ブダペスト・ホテル』は5位にワンランクずつアップした。

速報順位は以下の通り。
順位  タイトル  興収$  (累計$)
1. 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 96.2M (96.2M)
2. 『ノア 約束の舟』 17.0M (72.3M)
3. 『ダイバージェント』 13.0M (114.0M)
4. 『God's Not Dead』 7.7M (32.5M)
5. 『グランド・ブダペスト・ホテル』 6.3M (33.3M)
6. 『Muppets Most Wanted』 6.2M (42.1M)
7. 『Mr. Peabody & Sherman』 5.3M (102.2M)
8. 『Sabotage』 1.9M (8.7M)
9. 『ニード・フォー・スピード』 1.8M (40.8M)
10. 『ノン ストップ』 1.8M (88.1M)

今週末は、ブラジルを舞台にした大ヒット・アニメ『ブルー 初めての空へ』の続編『Rio 2』(原題)が登場。また、『ゴーストバスターズ』最新作が待ち遠しいアイヴァン・ライトマンがメガホンを取り、ケヴィン・コスナーがNFLのゼネラル・マネージャーを演じるスポーツ・ドラマ『Draft Day』(原題)も注目度が高い。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top