水谷豊、『相棒』劇場版は『ゴッドファーザー』に並ぶ3部作と自信!

最新ニュース

水谷豊&成宮寛貴/『相棒 -劇場版 III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』TOKYOプレミアム
  • 水谷豊&成宮寛貴/『相棒 -劇場版 III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』TOKYOプレミアム
  • フルメンバーが勢揃い/『相棒 -劇場版 III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』TOKYOプレミアム
  • 水谷豊&成宮寛貴&釈由美子/『相棒 -劇場版 III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』TOKYOプレミアム
『相棒 -劇場版 III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』のTOKYOプレミアムが4月13日(日)に都内で開催され、2,000人を集めたレッドカーペットイベントに続き、舞台挨拶を実施。特に水谷豊と成宮寛貴は9スクリーンでの計3時間におよぶ舞台挨拶を行なった。

人気ドラマ「相棒」の待望の劇場版第3弾となる本作。右京と亨の特命係は謎に包まれた孤島に赴き、国防に関わる国家規模のある“謎”の真相に迫る。

水谷さん、成宮さんに劇場版ゲストの伊原剛志、釈由美子、宅麻伸、そしてドラマレギュラー陣の川原和久、山中崇史、大谷亮介、六角精児、小野了、片桐竜次、神保悟志、山西惇、石坂浩二に和泉聖治監督を加えた計15名が東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズに集結した。15名での舞台挨拶は報道陣を入れたこの回を含め2回行われ、さらに水谷さんと成宮さんはそれ以外の7スクリーンでの舞台挨拶も敢行! 文字通り「相棒」が劇場をジャックした。

熱烈なファンの「右京さん!」という歓声に、水谷さんは「サンキュ」と返し「相棒ワールドにようこそ」と優しく微笑む。改めてこの日のレッドカーペットイベント、そして舞台挨拶でのファンとのふれあいをふり返り「普段の現場は地味なので戸惑いますね」と照れくさそうに語った。

右京の3代目の“相棒”として本シリーズに参加して初めての劇場版出演となった成宮さんは、「シリーズの初回や正月スペシャルで2時間版を映画のような規模でやってましたが、『劇場版はどんなにすごいのか?』と期待して現場に入ったら…すごかったです!」と興奮気味に述懐。「たくさんの素晴らしいゲストの方を迎え、スケール感のある社会派エンターテイメントに仕上がっています!」と誇らしげに語った。

伊原さん、釈さん、宅麻さんはそれぞれ「相棒」の大ファンだったそうで、劇場版での出演を果たし一様に笑顔を見せる。特に紅一点の釈さんは「今日はこんな華やかなドレスを着ていますが、映画の中では軍服で屈強な女性を演じています!」とアピール。憧れの右京との共演については「最初に2人をジープに乗せるシーンがあり、デコボコ道なんですが監督が『釈ちゃん、運転して!』って言われて、緊張で手に汗握りました!」と苦笑交じりにふり返った。

ちなみに特命係の2人、ゲストの3人以外のメンバーは、沖縄の島での撮影に参加することができたメンバーと、できなかったメンバーがいるよう。川原さん、山中さん、大谷さんの捜査一課の3人と鑑識の六角さんは幸運にも(?)島に足を運んだが、神保さん、片桐さん、小野さんらは「お留守番」組。島に行けなかった面々の恨み節に水谷さんは「根に持ってる人、いるんですね。初めて知りました」と大笑いしていた。

最後に水谷さんは、一般的な映画の“続編”について「(シリーズを重ねるごとに)だんだんパワーがなくなっていくもの」と指摘した上で、「僕が3本観て全て面白いと思ったシリーズはこれまで『ゴッドファーザー』だけ。この『相棒』はそれ以来の面白い作品です」と語り、会場は温かい拍手に包まれた。

『相棒 -劇場版 III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』は4月26日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top