能年玲奈&登坂広臣『ホットロード』、まっすぐな“純愛”ポスター解禁

最新ニュース

能年玲奈&登坂広臣/映画『ホットロード』 -(C)2014『ホットロード』製作委員会  -(C)紡木たく/集英社
  • 能年玲奈&登坂広臣/映画『ホットロード』 -(C)2014『ホットロード』製作委員会  -(C)紡木たく/集英社
  • 能年玲奈(宮市和希役)&登坂広臣(春山洋志役)/映画『ホットロード』 -(C)2014『ホットロード』製作委員会  -(C)紡木たく/集英社
  • 木村佳乃(ママ役)&能年玲奈(宮市和希役)/映画『ホットロード』-(C)2014『ホットロード』製作委員会  -(C)紡木たく/集英社
  • 相関図/映画『ホットロード』 -(C)2014『ホットロード』製作委員会  -(C)紡木たく/集英社
能年玲奈と「三代目J Soul Brothers」の登坂広臣を主演に迎えて贈る、映画『ホットロード』。先日、登坂さん演じる春山の先輩・トオル役に鈴木亮平、その恋人役に太田莉菜、春山の母親役に松田美由紀らの豪華キャストが発表されたばかりの本作から、純愛度満点のポスタービジュアルが解禁となった。

宮市和希(能年玲奈)は、自分が望まれて生まれたわけではない…と心を痛める14歳の少女。ある日、和希は親友の絵里(竹富聖花)に誘われるまま、夜の湘南で“Nights(ナイツ)”という不良チームの春山洋志(登坂広臣)と出会う。はじめは傷つけ合っていた2人だが、和希は春山が身を置く世界に安らぎや戸惑いを覚えながらも、急速に春山に惹かれてゆく…。

1986年~87年にかけて「別冊マーガレット」に連載され、全4巻700万部という発行部数を誇る紡木たく原作の“伝説的”少女漫画を実写化した本作。誰からも愛されず、必要とされていないと感じていた多感な少女・和希が不良少年・春山と出会い、自分より大切な者の存在に戸惑いながらも、心惹かれていく“純愛”物語を描く。

主人公・和希を演じるのは、大ヒットした「あまちゃん」以降初めての映画出演ということで大きな注目を集めている若手女優、能年玲奈。能年さん演じる和希が惹かれていく春山役には、本作が映画初出演となる「三代目J Soul Brothers」のボーカル・登坂広臣が抜擢されている。

解禁となったポスターは、原作にもあった、春山が和希のほっぺを“ぶに~”とするシーンなど、劇中の名場面を切り取ったビジュアル。心に傷を持つ和希と、刹那的に孤独に生きる春山の究極の“純愛”を描いた本作にふさわしい、儚くもまっすぐな想いが伝わってくる。

いまにも主題歌となる尾崎豊の「OH MY LITTLE GIRL」が聞こえてきそうな、このポスターから、映画『ホットロード』の世界をイメージしてみて。

『ホットロード』は8月16日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top