高橋みなみ、AKBドキュメンタリーでの“傷害事件”シーンに言及

最新ニュース

『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』公開を前に前夜祭舞台挨拶
  • 『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』公開を前に前夜祭舞台挨拶
  • 『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』公開を前に前夜祭舞台挨拶
  • 『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』公開を前に前夜祭舞台挨拶
  • 『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』公開を前に前夜祭舞台挨拶
  • 『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』公開を前に前夜祭舞台挨拶
  • 『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』公開を前に前夜祭舞台挨拶
  • 『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』公開を前に前夜祭舞台挨拶
  • 『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』公開を前に前夜祭舞台挨拶
「AKB48」の活動を追った『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』の公開を前に前夜祭舞台挨拶が7月3日(木)、都内劇場で開催。渡辺麻友、島崎遥香、高橋みなみらメンバー13名が登壇した。

シリーズ4作目となる本作はこれまでで最長の1年半にわたってメンバーの姿を追っており、大島優子の卒業や国立競技場での公演の中止、さらには岩手県での握手会でのメンバーに対する傷害事件など様々な事件を通してのメンバーの素顔や本音をカメラは捉えている。

この日の前夜祭舞台挨拶には渡辺麻友、柏木由紀、島崎遥香、小嶋陽菜、高橋みなみ、横山由依、北原里英、木崎ゆりあ、加藤玲奈、岡田奈々、倉持明日香、西野未姫、向井地美音、高橋栄樹監督が出席した。

今年の選抜総選挙で悲願の1位を獲得した渡辺さんは、祝福の言葉に改めて「ありがとうございます!」と満面の笑み。「去年も(1位を)獲ろうと思っていましたが獲れず、その悔しさがあったからそれをバネにこの1年、全力で頑張ってきましたので、いままで生きてきた中で一番嬉しいし、『AKB48』での7年間が無駄じゃなかったんだ、頑張ってきてよかったと実感しました」と力強く語った。

柏木さんは、“大組閣”でまさかの「NMB48」との兼任が発表されたが、そのときの様子について高橋さんからは「みんな葛藤とかあるのに柏木さんだけ緊張感がなくて『兼任かぁ』って感じだった」と指摘され、慌てて「びっくりしましたよ!」と否定。大阪での活動については「土地柄、楽屋でも笑いが求められる…」と苦笑を浮かべていた。

小嶋さんは総選挙時に「私のAKB人生、悔いはありません。ここで卒業発表しよう…と思いましたが、しません!」とドッキリ挨拶でファンやメンバーをヒヤリとさせたが、これについて「(卒業を)しようと思ったのは事実ですが、総選挙の1~2週間前に『しない』と決めて、そのときから(ドッキリを)やろうと思って、言葉の間とかも考えてましたし、練習もしてました」と用意周到に考え抜いた仕掛けだったことを明かし、会場を沸かせていた。

グループの総監督でもある高橋さんは、映画の中に握手会の襲撃事件に関する描写があることにも言及。この1年半を「様々な出来事があり、悲しかったり、つらいと思うことの方が多かったかもしれない。ドキュメンタリーである以上、避けて通れなかった」とも。その上で「立ち上がれないと思ったとき、そばにいてくれたのはメンバーであり、みなさんでした。少しずつですが、前に進みたいと思いました」と前向きな言葉を口にし、会場からは温かい拍手と歓声がわき起こった。

『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』は7月4日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top