役所広司&小松菜奈らキャスト陣、『渇き。』への“賛否”を歓迎!

最新ニュース

役所広司&小松菜奈&オダギリジョー&中谷美紀/『渇き。』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 役所広司&小松菜奈&オダギリジョー&中谷美紀/『渇き。』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 役所広司&小松菜奈&オダギリジョー&中谷美紀&中島哲也(監督)/『渇き。』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 役所広司/『渇き。』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 小松菜奈/『渇き。』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 小松菜奈&オダギリジョー/『渇き。』大ヒット御礼舞台挨拶
  • オダギリジョー/『渇き。』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 中谷美紀/『渇き。』大ヒット御礼舞台挨拶
  • 中島哲也(監督)/『渇き。』大ヒット御礼舞台挨拶
賛否を巻き起こしつつ上映中の『渇き。』の大ヒット御礼舞台挨拶が7月5日(土)に行われ、役所広司、小松菜奈、オダギリジョー、中谷美紀、中島哲也監督が登壇した。

第3回「このミステリーがすごい!」大賞受賞の深町秋生の「果てしなき渇き」(宝島社刊)を『告白』『下妻物語』の中島監督が映画化。元刑事の藤島は突然、失踪した才色兼備の優等生の娘を追うが、関係者から話を聞く中で愛した娘の悪魔のような意外な素顔が明らかになっていく…。

公開後、若者層を中心に称賛の一方で、「上映中止にすべき」「狂ってる」など否定的な意見も多く寄せられている本作。役所さんはそんな現状を「まあ当然でしょうね(笑)。賛否があるというのは、それだけ映画に個性があるということ。(こうした反応は)健全なものだと思います」と笑顔で受け止める。

小松さんも「本当にたくさんのいろんな意見があって、『いままで観た中で一番の映画』と言ってくれる人もいれば、『クズ映画』と言う人もいて面白い」とニッコリ。この小松さんの「クズ映画」という言葉に中島監督がすかさず反応し、「小松さん、後で話が…」と“鬼監督”の片鱗をのぞかせ会場は笑いに包まれた。

中谷さんは「クズな映画ですか?」と可笑しそうに語り、さらに「みなさん、勇気ありますね。どうして(劇場に)いらしたんですか?」と劇場に足を運んだ観客に逆質問。「遠慮なくいい意見も批判も聞かせてほしいです」と語る。

オダギリさんは「僕も初めて観たときは寝れないくらいショックでテンションが上がりました。個人的にはここ数年の日本映画の中で一番!」と胸を張る。藤島を演じた役所さんとは後半で激しいアクション付きの共演シーンがあるが「自分が役所さんの年になったときに、こういう役を演じられる役者になっていたい」と憧憬と共に語っていた。

本作で本格的な演技に初めて挑戦した小松さんは「オーディションのときは女優業に興味がないわけじゃないけど、監督に『女優で頑張りたいか?』と聞かれても『うーん…』と思ってました。でも『渇き。』を通じて演じる楽しさを知ったし、大変だけど頑張って行きたいと思った」と明かす。劇中、様々な過酷なシーンに加え、キャストの約半数とキスをするという別の意味での大変さもあったが「いい経験になりました!」と笑顔を見せた。

役所さんはクズを地で行く藤島という男、父親について「大きな欠陥を持っている男だけど、事件を知ることで、これまで死んだような時間を過ごしていたのが、生きた時間になったと思う。(娘に対し)自分くらいしか手を差し伸べる人間はいないという気持ちで演じてました」と説明。

小松さんはそんな“父”について「最初に観たときはお父さんが可哀想と言うよりも、『ドンマイ!』って感じでした。2回目に観たときはそこに愛を感じました。暴力でしか愛せないというのは哀しいことだなと思いました」と語り、中島監督もその言葉に深くうなずいていた。

『渇き。』はTOHOシネマズ、六本木ヒルズほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top