ピート・ドハーティ、ケイト・モスに大事なぬいぐるみを燃やされていた

最新ニュース

ピート・ドハーティ&ケイト・モス-(C) Getty Images
  • ピート・ドハーティ&ケイト・モス-(C) Getty Images
  • ケイト・モス-(C) Getty Images
  • ケイト・モス-(C) Getty Images
  • ピート・ドハーティ-(C) Getty Images
  • ピート・ドハーティ-(C) Getty Images
ピート・ドハーティは幼少の頃に大切にしていた熊のぬいぐるみをケイト・モスに燃やされたそうだ。2年間の交際期間を経て2007年に破局した2人だが、別れた後にケイトがピートに「精神的ダメージ」を与えるためにその熊のぬいぐるみを「燃やした」際にはかなりショックを受けたそうだ。

ピートは「Mail On Sunday」紙のイベント誌で「俺の初めてのテディベアだったパンディから目を離したことを本当に心の底から悔やんでいるよ」「俺の姉が家族愛の証としてくれたんだ。ずっとパンディを持ち続けていたんだけど、俺がケイトと別れたときにほかの色んなものと一緒に燃やされちゃったんだ」「そんなことやる必要はなかったのに、彼女は出来るだけ大きい精神的ダメージをただ与えたかっただけなんだよ」と語っている。

そんなピートはまた、3人の戦争捕虜から自身の態度を非難された後に受け取った心のこもった手紙にいかに「衝撃」を受けたかを語っている。「日本で捕虜だった3人の兵士のサインが入った手紙を受け取ったことがあるんだ」「その手紙では、この国の自由のためにとても苦しんだのに、それで俺のような振る舞いをする人間を見ると不快だって言ってたよ。俺が彼らをがっかりさせたって言っていて、それに俺もかなりのショックを受けたよ」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top