宮武美桜と柳沢慎吾が父娘役で共演!借金のカタに娘を…木曜時代劇『吉原裏同心』

最新ニュース

小出恵介主演の木曜時代劇『吉原裏同心』(NHK総合)。同作品は、人気作家の佐伯泰英による同名小説のドラマ化で、華やかな江戸の遊郭・吉原を影で守る夫婦が、吉原の遊女たちに舞い込む事件を、情愛を持って、颯爽と解決していく痛快時代劇だ。小出をはじめ、共演の貫地谷しほり、元宝塚歌劇団の野々すみ花、山内圭哉、近藤正臣らと豪華キャストでも話題の本作。小田和正による主題歌が、その世界観を一層盛り上げていく。

7月24日(木)放送の第5話「父と娘」のあらすじは――。
薄墨太夫(野々すみ花)の元にまだ少女の面影を残したおけい(宮武美桜)が、遊女になりたい、と言って現れる。父・谷平(柳沢慎吾)の借金のカタとして吉原に売られる前に、自ら来たというおけい。しかし谷平が現れ、金の算段がついたという。ばくちには手を出すなと、谷平に釘をさす幹次郎。しかし、谷平は悪質な女衒・庄助の企みで、またばくちに手を出してしまい、おけいを本当に売らなければならなくなってしまう。

■木曜時代劇『吉原裏同心』(NHK総合)
毎週木曜 20:00~20:43


関連リンク

《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top