「NARUTO」連載15周年で劇場版完結!? 原作・岸本斉史が総監修

最新ニュース

『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』 -(C) 岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C) 劇場版 NARUTO 製作委員会 2014
  • 『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』 -(C) 岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C) 劇場版 NARUTO 製作委員会 2014
単行本の累計発行部数が1億3000万部を突破した、「週刊少年ジャンプ」にて連載中の大ヒットコミック「NARUTO―ナルト―」。このほど、連載スタートから15周年となる今年、その劇場版が『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』として2年ぶりにスクリーンに登場。 ストーリーの総監修も務めた原作者の岸本斉史描き下ろしによる、ティーザービジュアルが解禁となった。

1999年、集英社「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートし、現在も同誌にて連載中、TVアニメシリーズも好評放送中の「NARUTO―ナルト―」。木ノ葉隠れの里の落ちこぼれ忍者・うずまきナルトを中心に、仲間たちとの絆や忍同士のバトル、それぞれの成長を描いた物語は、単行本コミックス1巻から69巻に至るまで、日本国内の累計発行部数は1億3000万部以上。35以上の国と地域で発売され、海外でも絶大なファン数を誇る大人気マンガであり、主人公のナルトは「ニューズウィーク日本版」で「世界が尊敬する日本人100」に選出されたこともあるほど。

通算10作目の劇場版となる本作は、原作者・岸本先生がキャラクターデザインはもちろん、ストーリー総監修も務めることが発表されている。そして、このほど岸本先生自らが描き下ろしたナルトのビジュアルが公開となった。

「ナルト、最後の物語(エピソード)」というシリーズラストを彷彿とさせるコピーが踊り、これまでのシリーズで描かれてきた、子どものころと現在、それぞれのナルトのビジュアルと共に今までとは少し趣の違ったナルトの姿が背景に描かれている。

また、2015年にはイベント「NARUTO―ナルト―展(仮)」の開催も決定しており、12月に劇場公開される本作を皮切りに、“NARUTO新時代開幕プロジェクト”と題した一大旋風が巻き起こることになるという。

『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』は12月6日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top