小松菜奈、初のモデル・女優以外の仕事体験! 劇場“1日支配人”に観客パニック

最新ニュース

TOHOシネマズ渋谷で“1日支配人”に挑戦した、小松菜奈
  • TOHOシネマズ渋谷で“1日支配人”に挑戦した、小松菜奈
  • TOHOシネマズ渋谷で“1日支配人”に挑戦した、小松菜奈
  • TOHOシネマズ渋谷で“1日支配人”に挑戦した、小松菜奈
  • TOHOシネマズ渋谷で“1日支配人”に挑戦した、小松菜奈
  • TOHOシネマズ渋谷で“1日支配人”に挑戦した、小松菜奈
  • TOHOシネマズ渋谷で“1日支配人”に挑戦した、小松菜奈
  • TOHOシネマズ渋谷で“1日支配人”に挑戦した、小松菜奈
  • TOHOシネマズ渋谷で“1日支配人”に挑戦した、小松菜奈
賛否両論を巻き起こした、中島哲也監督の最新作『渇き。』。本作の天使なのか? 悪魔なのか…謎めいたヒロイン・加奈子を演じた小松菜奈が7月26日(土)、TOHOシネマズ渋谷にて“1日支配人”に就任。チケットのもぎりに、売店の売り子にと大活躍を見せた。

成績優秀なうえ、容姿端麗、学園のカリスマでもある女子高生の娘・加奈子が失踪し、元刑事のロクデナシ親父に離婚した元妻から連絡が入ることから物語は始まる。自らのせいで全てを失った男が、再び“家族”を取り戻すべく、姿を消した娘の行方を追うが、娘の交友関係をたどって行く先々で語られるのは、“知らなかった加奈子”の本性、踏み入れるほどに見失う娘の正体だった…。

本作はそのあまりの過激さ故、「あまりに過激すぎてヤバイ!」、「上映中止にすべきだ!」などの否定的な意見と共に「こんなにエネルギーに満ちた作品は無い!」「人間の本性に迫った、今年NO.1映画」といった絶賛、その両極端な観客の声がさらに話題を呼び、これまで観客動員数50万人(7月25日時点)を突破している。

この日、劇中で演じた加奈子さながらに観客を魅了した小松さん。女子高生を中心にカリスマ的な存在となっている小松さんは、200名の観客が詰めかけた上映にて、自らチケットをもぎり、売店販売を体験。

目の前で小松さんを見た観客たちは「小松菜奈ちゃんかわいすぎた。握手できた! もうやばい震えてる」「まさかの小松菜奈ちゃん本人のチケット拝見でパニック! 可愛かった。触れてしまった」と大興奮だった。

さらに、上映前の前説に初挑戦した小松さんは、緊張しながらも「楽しんでください」と本作を力強くアピール。その後、劇場前にて女子高生とともに人だかりのなかチラシを配布し、支配人としての業務をやり遂げた。

今年の3月までは高校生だった小松さん。モデル・女優以外の仕事を経験することはもちろん今回が初めて。劇場スタッフの制服に身を包み、「映画が好きなので映画館でバイトするのは楽しそうだなと思っていました。今日は貴重な体験をさせていただきました」と満足げな表情を見せた。

「2回目です」というリピーターから声をかけられることも多く、「見るたびに違う楽しみ方ができる映画。何度も劇場に足を運んでくれる人がいて嬉しい」と語り、「(観客と)近くで触れ合えて楽しかったです」と最後まで笑顔で語っていた。

『渇き。』はTOHOシネマズ、六本木ヒルズほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top