【予告編】まるでおもちゃ箱!? 『アメリ』監督が夢の旅へ誘う『天才スピヴェット』

最新ニュース

『天才スピヴェット』ポスタービジュアル (C) EPITHETE FILMS - TAPIOCA FILMS - FILMARTO - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA
  • 『天才スピヴェット』ポスタービジュアル (C) EPITHETE FILMS - TAPIOCA FILMS - FILMARTO - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA
  • 『天才スピヴェット』 (C) EPITHETE FILMS - TAPIOCA FILMS - FILMARTO - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA
『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督が自身初の3Dに挑み、驚きの新境地を切り開いた最新作『天才スピヴェット』。11月より全国順次公開となる本作から、3Dでさらにパワーアップしたまるでおもちゃ箱のような世界観の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

モンタナの牧場で暮らす、10歳の天才少年T.S.スピヴェット。だが、カウボーイの父と昆虫博士の母、アイドルを夢見る姉には、スピヴェットの言動が理解できない。さらに、弟の突然の死で、家族の心はバラバラになってしまう。

そんな中、スピヴェットにスミソニアン学術協会から、最も優れた発明に贈られる科学賞受賞の知らせが届く。彼は、ワシントンDCで開かれる授賞式に出席するべく、家出を決意。1人でアメリカ大陸横断の列車に飛び乗った…。

並み外れた想像力と行動力、そして好奇心でキラキラ輝く瞳が愛らしい、天才少年・スピヴェットを演じたのは、これが映画デビュー作となるカイル・キャトレット。実はカイル自身も6か国語を操り、7歳以下の武道選手権の世界チャンピオンという特技を持つ、“天才”少年。また、昆虫の研究に人生を捧げるスピヴェットの母親役には、ティム・バートン監督作品でもおなじみのヘレナ・ボナム=カーターが扮している。

届いた予告編は、スピヴェットから見た家族はみんな変わり者で、身も心も100年前のカウボーイである父とは上手くいかず、活発な弟のようになりたかったと語る彼のモノローグから始まる。



だが、その弟が亡くなってしまい、自分がいなくなればよかったと思うようになるスピヴェット。そんなある日、権威ある科学賞受賞の知らせが届き、その授賞式に参加するため、旅立つことを決意。旅先で様々な人と出会い、たくさんの経験をした小さな天才科学者は、“本当に大切なもの”を発見する。

“ありのまま”の自分のため、そして心にポッカリ穴があいてしまった家族のため、小さい身体で懸命に行動するスピヴェットの姿には思わずホロリとなり、ジュネ監督らしいおもちゃ箱のような映像にワクワク。しかし、何とか間に合った受賞スピーチで、彼が何かを語り始めるところで映像は終わっている。

奇才ジュネ監督が徹底的に作りこんだ3D映像で連れ出すのは、まるで夢の旅。そこには笑いと少しの涙と驚きが詰まった、監督史上、最も感動的な物語が待っている。

『天才スピヴェット』は11月、シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開(3D/2D)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top