【特別映像】「ブレイキング・バッド」アーロン・ポール、ファンからの質問に答える!

最新ニュース

アーロン・ポール/「ブレイキング・バッド」 (C)2009 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.
  • アーロン・ポール/「ブレイキング・バッド」 (C)2009 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.
  • 「ブレイキング・バッド」 (C)2009 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.
  • 「ブレイキング・バッド」から(右)アーロン・ポール (C)2008 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.
  • アーロン・ポール/「ブレイキング・バッド」 (C)2009 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.
  • (C)2008 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.
  • 「ブレイキング・バッド」 (C)2009 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.
  • 「ブレイキング・バッド」 (C)2009 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.
  • 「ブレイキング・バッド」 (C)2009 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.
エミー賞、ゴールデン・グローブ賞で「作品賞」など累計49部門ノミネート、12部門受賞を誇り、スティーブン・キングやアンソニー・ホプキンス、「ワン・ダイレクション」のルイ・トムリンソン、日本では「GLAY」のHISASHIらがファンを公言するTVシリーズ「ブレイキング・バッド」。「TIME」誌が選ぶ“2013年最も影響を与えた、架空のキャラクター”では本作の主人公ウォルター・ホワイトが1位を獲得するなど、全世界で社会現象を巻き起こしている。

8月6日(水)より発売されるシーズン1~3を皮切りに、年内に全シリーズのブルーレイ&DVDを一挙リリースすることになった本作から、主人公・ウォルターの相棒ジェシー・ピンクマン役で大ブレイクを果たしたアーロン・ポールから、DVD特典映像の一部がシネマカフェに到着した。

本作は、余命宣告をされたことをきっかけに、平凡な人生を送っていた生真面目で温厚な化学教師ウォルター・ホワイトが、その知識を最大限生かした純度99.1%のスーパードラッグを生み出す危険なビジネスに手を出し、転がり落ちるように悪に染まっていく様を描いたノンストップ・“ケミカルアクション”エンターテイメント。

原作のない完全オリジナルのストーリーと、人間味あふれるキャラクターを演じたキャストたちの熱演で高い人気と評価を受け、2013年に放送されたファイナル・シーズンの最終話は1,030万人もの視聴者を獲得した。

主人公・ウォルター役を演じたのは、現在大ヒット中の『GODZILLA ゴジラ』にもキーパーソンとして出演するブライアン・クランストン。放送開始の2008年からエミー賞でドラマ・シリーズ「主演男優賞」を3年連続で受賞している。そして、同賞「助演男優賞」を2度獲得し、すっかり売れっ子となったのが、アーロン・ポールだ。

本作の大ヒットをきっかけに映画『ニード・フォー・スピード』の主役を務め、ジュリエット・ルイスと共演した『Hellion』(原題)、リドリー・スコット監督の超大作『エクソダス:神と王』、ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド共演の『Fathers and Daughters』など、いまや映画界からも引っ張りだこ。

このたび公開された映像は、本作のシーズン3ブルーレイ&DVDに収録される特典映像の一部で、ウォルターの腐れ縁の相棒、ジェシー・ピンクマン役を好演したアーロンがファンからの質問に答えるインタビュー映像となっている。

ジェシーは、化学教師だったウォルターの元教え子のドラッグディーラーで、彼の相棒になったがために、ギャングからリンチを受けたり、ウォルターからは殺しを命令されたり、さらには、最愛の恋人が薬物依存になり目の前で死んでしまうという、悲惨な目に遭っていく。

このシーズン3でアーロンは、新たな境地を開拓したといわれるほどの熱演を披露。とりわけ、シーズンフィナーレの衝撃的な展開の中で見せる鬼気迫る演技は見事としか言いようがなく、このシーズンで2010年エミー賞「助演男優賞」を受賞した。ちなみに、本作のプロデューサーのヴィンス・ギリガンによれば、ジェシーは早い段階で死ぬことを想定していたというが、アーロンの存在によりジェシーは最終話まで登場する本作随一の人気者となった。

インタビューでは、実際に薬物依存であった自身の友人から薬物依存の演技を学んだことなどを語るアーロン。本作のハード過ぎる内容には、「本当に疲れるドラマだよ。見てれば分かると思うけど、この番組の製作陣は、ジェシーを痛めつけるのが好きだ。だから肉体的にも精神的にもめちゃくちゃ疲れるんだ」と、視聴者のハラハラドキドキ以上に、アーロン自身も、体力的にも精神的にも消耗が激しかったことを明かしている。



それでも、インタビューの最後には、シーズン3について「さらにスリリングでユーモアも満載だ。だから必ず見てくれよな!」と、カメラに向かって両手で投げキッスのポーズを見せ、ファンに向けてアピール。

シーズン3のCOMPLETE BOX には、この映像ほか、ジェシー・ピンクマン製作のショートアニメーションムービーや悪徳弁護士ソウル・グッドマンのCM集など、ファンにはうれしい特別映像が収録されている。

「ブレイキング・バッド」ブルーレイ&DVDは、SEASON1~3が8月6日(水)、SEASON 4が9月3日(水)、SEASON 5・THE FINAL SEASON を10月3日(金)より順次リリース。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top