フィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演、場面写真を一挙公開『誰よりも狙われた男』

最新ニュース

フィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演、場面写真を一挙公開『誰よりも狙われた男』
  • フィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演、場面写真を一挙公開『誰よりも狙われた男』
  • フィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演、場面写真を一挙公開『誰よりも狙われた男』
  • フィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演、場面写真を一挙公開『誰よりも狙われた男』
  • フィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演、場面写真を一挙公開『誰よりも狙われた男』
  • フィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演、場面写真を一挙公開『誰よりも狙われた男』
  • フィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演、場面写真を一挙公開『誰よりも狙われた男』
  • フィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演、場面写真を一挙公開『誰よりも狙われた男』
  • フィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演、場面写真を一挙公開『誰よりも狙われた男』
今年2月、46歳という若さで突如この世を去ったオスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマン。このほど、アメリカで公開されたばかりの最後の主演作『誰よりも狙われた男』が日本では10月17日(金)に公開が決定、どこよりも早く劇中の場面写真が到着した!

ドイツの港湾都市ハンブルグ。諜報機関でテロ対策チームを率いる熟練のスパイ、ギュンター・バッハマン(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、密入国した若者イッサに目をつける。イッサの体には拷問を受けた無数の傷跡があり、イスラム過激派の容疑をかけられ国際指名手配されていた。イッサは人権団体の若手弁護士アナベル・リヒター(レイチェル・マクアダムス)を介して、銀行家トミー・ブルー(ウィレム・デフォー)と接触する。バッハマンはイッサをあえて泳がせ、テロリストへの資金支援に関わる“ある大物”を狙っていた――。

原作者は、ゲイリー・オールドマン主演の『裏切りのサーカス』と同様、スパイ小説の大家ジョン・ル・カレ。舞台となるドイツ・ハンブルグは、ル・カレが領事時代に暮らしていた馴染みの町であり、また、“9.11”のテロリストたちが潜伏し、作戦を練っていたという報告もある土地だ。

本作でキーパーソンとなる密入国者・イッサは、アメリカ軍にテロ容疑の濡れ衣を着せられて拘束された、ドイツ在住トルコ人のムラット・クルナズ氏をモデルにしている。9.11以降のテロ対策というプロットが、従来のスパイ映画と一線を画しており、さらに実在の人物をモデルにした“イッサ”は、作品の信頼性を確かなものにしているのだ。

ル・カレは、本作で主演を務めたフィリップ・シーモアについて、「フィリップと初めて会ったときの衝撃を超える俳優には、まだ出会っていない。リチャード・バートンやバート・ランカスターやアレック・ギネスでもない。フィリップは、私たちの出会いをずっと待ちわびていたかのように迎えてくれた。彼はいつもそう振る舞っていたのだと思う」と話した。そして「私たちはもう一人のフィリップを、長い間待つことになるだろう」と語り、唯一無二の存在だった彼の死を惜しんだ。

監督は、本作が長編映画3作目となるアントン・コービン。「U2」やデヴィッド・ボウイを撮り続けるロック・フォトグラファーとしても、世界的に有名だ。スタイリッシュな映像と、伏線に伏線を重ねた繊細な物語で、ル・カレの世界を独自に昇華。知的なエンターテイメントに仕立て上げた。フィリップ・シーモアについては、「彼は200%人間だった。苦闘し、欠点を持つ人間だ。だが、そこから偉大なる芸術が生まれるのだと、僕は信じたい」と語った。

日本で最速公開された場面写真は、写真や資料だらけの部屋で携帯を持つバッハマン、お互いに対抗意識を持つバッハマンとCIAの女性が並んでいるもの、何者かに追われている弁護士アナベルとイッサの2人、盗聴や盗撮で真相に迫る車中、車内で密談をするバッハマンと銀行家トミーなど、どれも緊迫した雰囲気がビシバシと伝わってくるものばかり。

『カポーティ』でオスカーに輝き、『ザ・マスター』で狂気迫る演技を見せたフィリップ・シーモア。最後の主演作では、どんな演技を見せてくれるのか。映画ファンにとって、必見の1本になることは間違いないだろう。

『誰よりも狙われた男』は10月17日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top